FC2ブログ

ビワイチ名物ピザ屋ファンタジスタの「今を翔ける」日記

色々なスポーツサイクルに乗ったりピザ焼いたり。

山頂経由でピザを食べに来た!



うららかな朝の土曜日。

人工的な柵を撤去して自然にお返しした。この方が美しい。

昼過ぎてからやってきたターキーがやけにスッキリした美しい顔だったのにはわけがあった。

解脱したか?


 

僕がマウンテン担いでびわこバレイのある蓬莱山の山頂に登って稜線を爆走していたのをインスタで見ていた彼。


これをやるとは男として認めざるを得ない。なかなかやる!

ルートは、京都大原から途中峠、花折峠を登って、ここまではロードで走ってるルート、だがそこからが一味違う。旧道へ入り、そこからガチ山道へ。権現山から蓬莱山の尾根を行き、蓬莱山のてっぺんへ。そこから金毘羅峠を下ってきて、金毘羅名水、そして、そのまま降りるとファンタジスタへ到着。

途中、登山の方々に大絶賛されたようで。

登山客からしたらびっくりだけど、実はMTB押したり担いだりして登るのは大して負荷は高くない。担いでも10キロしかないから。それと、ソロで捻挫でもしたときのこと。蓬莱山から金毘羅下山、ファンタジスタなら、ほとんどの箇所乗って降りてこれる。


 

ご褒美はこれ。スペシャル。

店終わるまでゆっくりして、一緒にちょっとサイクリングして和邇駅まで送って、輪行。

このルート、京都からとてもエキサイティングな日を体験できるのでおすすめ。

うちのとこは自転車押して山入っても無茶しない限り問題ない。

この蓬莱山を自転車で一番登っているのが僕なわけだけど、それがこのあたりでは知れ渡っていて。

「山頂まで行ってMTBで走ったら気持ちいいんとちゃう?行ってきたら?」

と数件隣のおじさんが言っている。

毎日日経新聞読みながらサイフォン珈琲飲んでくれているあの方ですが、

若いときに隊長さんだった。日本隊の。ヒマラヤに登ったそうだ。そういうときの経験談はもう、生で聞くとナショジオのドキュメンタリーレベル。

モンブラン登頂に成功したガチ登山家。

僕がガレた平均勾配20%近い山道をロードで登っているのを喜んでいる。

「MTBのコースを作ったら好いよ。」と山の中に広大な傾斜地をタダで貸してくれた。

山は危険だ。危険だからこそ挑戦して制御する。絶対横着してはいけない。

蓬莱山山頂からすぐ下、滑落したら死んでしまうほどの崩落箇所がルート上にある。20センチ横はなんもないので注意するように。

素晴らしい人生を送っている人たちは美しい。


自転車ブログ ロードバイク
自転車ブログ 親子サイクリスト
にほんブログ村



にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村



0 Comments

Add your comment