「サラミ祭り」でタンパク質について学ぶ。

週末突然のサラミ祭りを開催しました!

ミラノサラーメ盛り放題一枚千円!
自転車仲間のプロ食材卸屋さん小森社長からメッセージ

「イタリア食材輸入代理店が賞味期限近いサラミ余ってるって言ってますがいりますか?」
「あ、サラミ祭りします!」

ってことでいつも寄ってくれる皆様のために思い切った補給食フェルテボー開催しました。

*正直、サラミって保存食なので「法律的な賞味期限」ってどうなん?って思うのですよね。


これです。トッピングのやり方

1 一回軽く焼く。
2 そこに好きなだけ載せていただきます。
3 もう一回焼く。
4 さらに載せたい方は載せる。。

普通に焼こうとすると、崩壊してしまう可能性ありなのでちょっと変則的な焼き方のテストも兼ねてみました。



こちらでございます。

こちらがお店へのとてもわかり易い看板です!(・∀・)

奥さん作

 
「お店なんて美味しかったら、みんな探してでも来るねん。」と、うちの奥さんは言います。
「バイクなんて強かったら何でもええねん。」と、言われているかのような錯覚に陥ります。
ガチなオンナです。


 
反対側はこれです。
ビワイチのときには見つけてくださいね。


 
ビワイチルートにも関わらず、ほとんど飛び込みが来ません。
思うんですよね。ビワイチの目印って要らないと思います。
というのも、まともなローディなら出発前にどこで止まるかはすでに決めてます。


 
かなり目が良くないと認識できません。
そして、普通怪しすぎて入れません。
ただ、勇気を出して森のなかに入れば、そこにはありえないシャングリラがあります。

シャングリラ英語Shangri-La)は、イギリスの作家ジェームズ・ヒルトン1933年に出版した小説『失われた地平線』に登場する理想郷(ユートピア)の名称。小説の設定ではチベットの未知の地域にある。ヒマラヤ山脈の西の果てを崑崙山脈のほうへ向かった辺りに、カラカル(Karakal)という名の8,500メートル以上の高峰があり、そのふもとの霧の漂う調和に満ちた谷間に、シャングリラという僧院が建っている。シャングリラに住む人々は普通の人々よりはるかに長生きし、老いる速さは非常に遅い。元は18世紀初頭にペローという名の宣教師が建てた僧院であったが、そこにラマ僧らが集まり、図書館やセントラルヒーティングなど最新式の設備が整えられ世界中の知識も蒐集する研究の地となった。
この小説により「シャングリラ」という言葉は有名になり、1930年代後半以後、ヒマラヤ奥地のミステリアスな永遠の楽園、外界から隔絶された地上の楽園というような語と同義になった。東洋の桃源郷とならんで理想郷の代名詞となり、東洋(オリエント)へのエキゾチシズムを駆り立てる語になった。また神秘主義の総本山と認知され、地球の中心にある理想郷のひとつアガルタの首都に通じるとも言われる。
チベットの古い聖典には、「Nghe-Beyul Khimpalung」という名で、シャングリラのような聖地が7つ登場する。そのうちの一つは、ネパール奥地のマカルーの麓の Makalu-Barun 国立公園の近くのどこかにあるとされる[1]

真後ろには、3km平均勾配17%の激坂があります。

毎日コーヒーを飲みに来る近所の椎茸作りのおじさんは、この山を子供の頃から登って、大人になると隊長となってヒマラヤはネパールに登る登山家になります。

非日常なので、年齢も身分も思想もそんなものはなんも関係ないのがファンタジスタです。


オモロイ奴らが色々とオモロイ情報を持ってやってきます。

サラミ祭り、遠慮は禁止、載せられるだけ載せて堪能する、それだけの日です。
相席でお願いいたします。

あまりゲストをブログには載せないのですが、たまには活かした方々の紹介です。問題あったら消しますのでNGだしてください。身内の写真中心にかなり取り忘れています。ごめりんこ。


まずは、龍谷大体育会自転車競技部部長、石原先生。ガチ走りする栄養学の研究者です。大滝とかもかなり出てるエクストリーム系サイクリスト。サイクリストのためのメニューなどの監修をかなりされていてホテルにアドバイスなどもされている。大学のヒト代謝実験室では各種競技のアスリートの計測やトレーニングアドバイスをされています。うちもやってもらいました。計測では脚質なども丸裸になってしまいます。




「糖質ダイエットってバランスの問題なので、アミノ酸や脂質を多くしたら良いのよね」と質問してみました。

最近、血糖値の実験で興味深い実験結果が得られたと教えてもらい、目からうんこウロコがオチました。


 
バイクは、TOYOハイブリッド!!
うしろにツッキーのグラファイトデザインメテオスピードと並べてみた。
分かる人には分かる。(^o^)


 
着ていたジャージにおののく。
MITの自転車部って「エンジニアーズ」 なのね。
学会で海外に行くたびに、自転車活動もしている模様。ウラヤマ。


次に気になったのは、

 
♡マークの素敵な
ご存知デローザ
フルカーボンデローザサドルは初めて実物に遭遇!



このアイドルというフレームは今は台湾で作っています。
とても乗りやすいフレームですね。
造形美があります。



 
仲の良い中国人の学生で、アイドルとSKにまたがるデローザ乗り。実家は深セン経済特区、日本でプロダクトデザインを勉強中、北京語、広東語、英語、日本語を操り、将来は自転車関係の会社をやるそうです。中国ではまだロードが走っているのは珍しいくらいで、金持ちは高級車を買っている。これからロードバイクの需要がドンドン増えるようです。見かけるのはほぼジャイアントとメリダだそうです。「ワールドツアーも大規模に開催しています。深センは土地バブルで6割位がBMWとかメルセデスなどに乗ってますよ、マンション一つ売れば200万元(3千万円強)くらいになります、中国は人間が多いです。貧富の差が大きいです~」と、お金を数えるジェスチャーがトランプ繰ってた!!リアルだ。日本と中国、今後どっちが発展するのか?当然、中国と見ている。やると言えば国家資金をつぎ込んで、無理矢理でも道路整備して発展させる。今、どんどんサイクリングロードを整備中だとか。ジャパンカップの時にワールドツアーステージレースを開催し主力級はレースしていた。そのうち純中国のワールドツアーチームと中国や香港のトップクラスの選手が出てくるはず。


MTB勢もワラワラと、


 
サンタクルーズのセミファットタイヤのMTB
これは新しい!
サブカル系とリンクしてかっこよい。



 
最高のイタリアンサラミがガッツリ載っている。
生地も良い感じでした。


 
陸上部が勉強に来ていました。
実はカテキョもしているので需要があればご連絡を。
難関大英語専門です。
センター英語なら満点対策します。


こちらは、

 

たまたま、ご家族とファンタジスタで遭遇したという偶然!
各チームの方々が色々と練習やライドのついでに集合
今日は、走るのには最高の日でした。



 
デローザ、ネオプリマート
ありもんで組んだと言う同い年、元高校自転車部
「コンコール座れるってヤヴァいヒトですね」
「なんでも変わらんし」


 
DIXNAと書いて「ディズナ」
日本製です。
オススメ。

お次は、朝から花背登ってきたという、
こちらもストラーダの

 
容赦なくC1レベルのトッピングで、
浅く焼いて載せて、さらに・・・


 
焼かないバージョンも後のせ!
これも食材提供していただいたユースカイ様のおかげですので、
みなさん、一緒に走ることがあれば、前引くように!



 
WIAWISのポジションをいじったりしていました。
ポジションの話も色々と聞けたりしました。


 
一人で金比羅登りに行くつっきー
今日は、熊本で全国高校選抜の個人ロード開催中!
4月から、自転車部にジョイントするので春休みの合宿を張ってます。




 
食べて、さらに、持ち帰り、有りです!
どんだけやっても1マイ千円
「スペインで食べたPIZZAより美味しかった!」と初めてさんに言ってもらえました。

「生地は小さめ、チーズ、トッピング多め」それが正義だ!


こちらは、ランナーさん
ウルトラ走っている方々
ウルトラマラソンってブルベくらい変態だと思われますがどうなんでしょう。
 


 
このクロモリは滋賀県のマッキサイクルです。
すごくオススメです。


 
現役競輪選手サムズサイクルワークス中井さんのお店のコルナゴ



 
ファンタジスタと言えば、ごぞんじ、グラファイターの憩いの場
これはツッキーのメテオスピード
外ラグのカーボンです。
オークションで出ていたら買っておくべき名車


 
今、うちのウラヤマ登るともれなくこうなります。
来週までに掃除しておきますのでまた登りに来てください。



 
ブログのみ見てくださっている方は多分驚くのが、
土地が千坪なんです。掃除とか、オサレなオーナメントとか諦め気味です。
バンプトラックとか作る気力の残余がありません。
なんとかしないと荒れ放題の自然美です。
平日は鹿とか猿が普通に和んでいます。
安倍晴明の家みたい。




 
こちらは、鯖街道ロングライドの帰りに寄っていただいた社長さんたちで、
辻善光くんのチームZENKOのスポンサーさんの方々だそうです。


最後の最後にやってきたのは、
MTBコースで朝からでガチ走りしていた
えのちゃん、
「いけるだけいけ!」ってことで、ステーキハウス状態。
ラーメン二郎系?




 

300gは載せて新記録達成!
やりすぎか?

実は、アスリートの「一日」摂取量としてはこのくらいが妥当
下の簡単なタンパク質摂取量計算参照↓




そして夕刻となり、事故、落車ないようにお帰りは気をつけて。
また会う日まで。


 
今日の一押しバイク
V1r

 

かわいい系イチオシはインパクト
フォーグがベンドでカンチブレーキ

 

気になったマニアックパーツは
フィジークのこのサドル



そして、ヴィジョンメトロン
太っちょリムの安定感が半端ない。
付けさせてもらっただけ。



タンパク質の摂取量は

一般の方で、0.8g/体重1kg
アスリートでは諸説、1.2g -- 2g/体重1kg

最大でも120gくらい/ dayなので、実はお肉ってお腹いっぱい食べてもモリモリ効果はそれほど期待できないかもしれない。

運動直後の摂取が効果的
高負荷の場合は、運動前、運動中にも。
筋力をアップするには・・・
「一日のタンパク質摂取量で計算するのではなく」
「一回の食事での摂取量の調整」

0.25 --- 0.3g/体重1kg
ってことは、一回の食事のタンパク質摂取は20gで良いってことになる。

サラミのタンパク質含有量は、
22g/100g
なので、
PIZZAに載せる肉系トッピングは1回100gくらいが正解ってことですかね。

石原さん、合ってますでしょうか?



ダイエットは英語で diet「食事」が第一義であり、ムリに食事を制限して痩せることではない。

語源:ギリシャ語で「生活様式」を意味するdiataから。




自転車ブログ ロードバイク
自転車ブログ 親子サイクリスト
にほんブログ村



にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村



0 Comments

Add your comment