スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自転車ブログ ロードバイク
自転車ブログ 親子サイクリスト
にほんブログ村



にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村



カデル・エヴァンス注目選手

Cadel Evans Great Ocean Road Race (1.UWT)

Cadel_Evans_Great_Ocean_Road_Race_Finish.jpg 

http://www.cadelevansgreatoceanroadrace.com.au/the-event/overview/

また勝手な想像の時間であり。まずは前回の復習から。

ダウンアンダーの5ステージ、やはりポートとバーナルの掛け合いがありました!ただ、リクと話していたのであるが、ポートのかけ方がヤバイ!ああいう局面ではスマホのストップウォッチか、なければアタマで数勘定しながら見るのであるが、出力はチラチラ表示していたものの、「どん」は1kWくらい、800W台が見えてから700W台をしばらく表示、そこから、残り1kmのWillunga Hillのあげ直しなので、ドン!グイグイ、す~、ドドン、ぐーーー!フィニッシュであります。ただ、グランツールの頃にはピーキングに失敗し、登りで出力が出なくて遅れてゆく姿を想像してしまう。今年はこのまま突きすすめるのかポート。

Willunga Hill 
ポート(アタック) 580W 62kg 1分39秒
バーナル(追走)  420W 60kg 1分41秒


バーナル10秒遅れでのフィニッシュ!!
「ドン」で離されたものの5位でフィニッシュ!
最終の1kmでは2秒しか違わないという。
逆に言うとうまく追走しているのが見えているが、この出力差で10秒で済むのだなあと、逆に感心した。ジワジワと追走するバーナルがうますぎる。

まあ、一応釘刺しておくと、「2分7W/kgならオレでも出る」は受け付けません。
そこまでも上がりきってるので、
「20分7W/kgの世界はヤバイなあ」と話していたのです。


さて、ダウンアンダーからメンバー入れ替えているチームとそのまま居残って旅行になっている?チームに別れるのか(笑)まさかのマイ・フェイバリットライダー、Gesink のスプリントはないので。友達と話していたのである。
「絶対、フルーム好き、とかヘイシンクラブとか言ってるオンナっていないよな?」
「ジャージハダケてたら捕まえられたエイリアンやしな!」
「アンディ好きとか、リッチー・ポート好きとかアルアル」
「アルアルやわ、顔見て応援してるだけ。」
「キンタナ好きとか言うオンナ見たことない」
「そら顔がコロンビアの牛乳配達のオッサンとおなじやし。。」
「ウランなんかカルテルとつながってる汚職警官みたいなサングラスしてた」
「アルアルやね~(笑)」×2

ヴィヴィアーニで。

ダウンアンダーグリーンジャージ上位陣
Sagan 出ない。クラシックへ。 
Ewan 出ない。なぜか、チャベスが登場。
Viviani 要注目◎
Impey 要注目
Bauhaus 要注目、Arndtがエース(昨年優勝、ただコースプロフィールが違いすぎ)
Mccarthy 要注目
Consonni 出ない。
Greipel 出ない。出ていれば一番人気。アブダビツアーへ。
Devenys ヴィヴィアーニと2マイか?
Haas エースナンバー

僕的注目選手は、ロットスーダル、アダム・ハンセン。靴とペダリングが見たいだけ。

と、トレックのエースナンバー別府・・・がアシストするかもしれないニコラス・エッグ。去年のラヴニール総合3位の逸材。ダウンアンダー総合36位でサクッと完走。

SKYはダウンアンダーで活躍したわたくしイチオシの新人、イーガン・バーナル(エーガン・ベルナール)が交代。アメリカツアーのコロンビアのレース、Colombia Oro y Paz (2.1)へ。コロンビア人大集合~、リゴベルト・ウラン、ガヴィリア、アルバロ・ホテグ、キンタナ2個、へナオ2個、パンタノ、アタプマ・・・

SKYのスプリンターは若手の二人。ダウンアンダー前日にラヴニール最強スプリンター、ハルヴォーセン骨折につき(前回の記事参照)ローレスが行くのか?ちなみにスカイはダウンアンダーの前の朝練のとき警察に信号無視で止められて説教されている動画がYoutubeに上がっているのであるが、law-lessな上体に少しツボにハマる。

忘れてはいけないここは真夏のオーストラリア、ポートからゲランスにエースナンバーが交代。ただ、分からない。普通、1月に完全に出来上がった体で出てきてはマズイというのが先立つのであるが、ポートにしても作ってくる。ゲランスは狙っている。というかこれで勝てなければマズイ。ヨーロッパに舞台が移れば、真冬状態になりゲランズは毎年凡人に。。

最後平坦なので別府にもしかしてが起こるかも?ワールドツアーのクラス・ワンで日本人が勝つなんてことが起これば・・・いや、レースには何が起こるかわからない。

「ヴィヴィアーニが勝つところが見られるかな」と言うのも・・・
この方はなかなか勝ちには恵まれないのだが、チームはリクイガス(3年)、キャノンデール(2年)、スカイ(3年)、そして、今年からクイックステップへ。

今回のコースプロフィールが結構海岸線を行って、緩やかな登りを登って、最後はスプリント。

There’s no doubt sprinters, rolleurs and climbers all fancy themselves on the Cadel Road Race Elite Men’s and Women’s courses.

Passing through Cadel’s home town of Barwon Heads, Torquay and back into Geelong means the course provides superb variety, making for a world-class modern day classic. However, it’s the flat but windy, exposed roadways, undulating climbs, technical sections, Challambra climb and the fast finish at the Waterfront that makes this race so attractive to a wide variety of domestic and international riders.

エヴァンスの故郷を通るという。

海岸線、緩やかな登り、スプリントフィニッシュ・・・あの時と同じに近い。

サガン、グライペルいない。マイケル・マシューズはクラシックへ。

ヴィヴィアーニ大チャンス!

Giro d'Italia 2015 Full HD 1080p | Stage 2 Last Kilometer

グランツール唯一の勝ちが・・・うまいというか・・・全員ズブズブで後出し勝利・・・

タダ乗りな勝ち方。。







自転車ブログ ロードバイク
自転車ブログ 親子サイクリスト
にほんブログ村



にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村



- 2 Comments

junpei-t  

Re: タイトルなし

こってこてのイタリアなまり

2018/01/28 (Sun) 10:18 | EDIT | REPLY |   

マツシン  

ヴィヴィアーニ大好きでした(笑)
確かに勝ちにはあまり恵まれない苦労人でした…。

2018/01/28 (Sun) 10:12 | EDIT | REPLY |   

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。