スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自転車ブログ ロードバイク
自転車ブログ 親子サイクリスト
にほんブログ村



にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村



2017年を一気に振り返る。

自分自身の、というよりも周りの変化と進歩がかなりあった1年である。

まずは家族のことを中心に一気に振り返る2017年

1月結構雪が多かった。

fantasista_2017-01-15 09-33-00 
MTBばかり乗っていた。
外は疾走れない日が多くローラーの民となる。

fantasista_2017-01-26 12-04-43 
大雪の中ロードで最初に現れた賞受賞!

fantasista_2017-02-19 15-36-39 
高校を卒業することになったリク君
この頃はこういうポジションで走っていたのだ。

fantasista_2017-03-11 19-09-47 
なんとなくスライドがきく感じの・・・

fantasista_2017-03-11 19-12-12 
早春のある夜、旅立ちの前日

fantasista_2017-03-13 19-38-56 
ベルギーへ旅立つ。

fantasista_2017-03-19 19-42-42 
TEAM EURASIA IRC TIREの赤グレージャージでベルギーのレースを走ることになった。
白いジャージはU23日本代表のメンバー

4月雨の日ガスが降りてベルギーの森状態

fantasista_2017-04-29 18-04-05 

サオリンが写真集を撮影したのであるが、

fantasista_2017-05-18 19-00-03 fantasista_2017-05-18 18-59-10 
ピザを絶賛してくれてたのが嬉しかった。
アスリートは100%絶賛してくれる。

fantasista_2017-05-18 18-34-43 
COLNAGOが写っていた!(笑)
格好良いです。

ベルギーの方はガーミンのパワーを見たらエゲツないな、と思ふ。
こっちはと言うと、

fantasista_2017-05-21 12-38-49 
背中に漫画を入れて練習へいくつっきー。

fantasista_2017-05-21 17-06-11 
いつ現れるか不明の山ガール弟子。

fantasista_2017-05-27 13-05-41 
練習後は袋食いのツッキー。
うちはこんなマイペース猫型チームなんです。

ツールド熊野と全日本選手権に出場のためリク君帰国
そのまま和歌山合宿へ。

fantasista_2017-05-30 22-38-44 

自走で熊野までベルギーの成果を見に行く。

fantasista_2017-06-03 08-07-01 
滋賀県から真っ直ぐ南に220kmほど
「熊野62km」地点までテツヤで走ってきてのこれ。
ずっと山で2017年一番楽しかった。

fantasista_2017-06-04 09-22-26 
今回はチーム戦略を行っていて中々働いている模様。
山岳の2ステージでチェーンリングのトラブルがあった。
太地町のステージでは大町くんが優勝

fantasista_2017-06-04 12-10-24 
大町くん表彰中
リクの謎の笑いの原因は?
「おい、りく、エースが表彰台でインタビュー受けてるのに、ユーラシア、あっちのほうのスクリーンの前でJPTのレースガチ観戦してるぞ。自由やな~(笑)」
「あ、いっつもこんな感じやで~」

18815363_1502213493182925_3843041486179604316_o.jpg 
チーム全員がポディウムに呼ばれる。


fantasista_2017-06-04 11-46-55 
橋川監督と
メディアの人ではないので。
この状態でマイバイクでカメラ下げて走る。
なので、隊列が行ったらその後から監督が走ってくるという。
面白いぞユーラシア、合理的であり。

fantasista_2017-06-04 12-41-11 
Jプロの柴田選手とは同じ京都出身で良いお手本
リク君は帰らずこのまま合宿
なんとキナンの会長さんの家で合宿させていただいたらしい。


fantasista_2017-06-11 16-15-29 
ツッキーはピザ合宿
大事な戦力なのだ。

fantasista_2017-06-13 13-23-35 
仲の良い龍谷大自転車部顧問の石原先生
栄養学の先生で大学で米とか小麦も作っている。
補給食の話やアスリート栄養学を教えてもらっている。
ボクのピザはアスリート栄養学に基づいている。

fantasista_2017-06-13 14-37-33 
そして西井さん
西井さんは北京五輪のMTB監督であります。
三重でMTBの学校とか幅広く活動しているのです。
大学で自転車物理学というような研究をしてきた人なので
理論に基づいていてプロに指導ができる人なのであるよ。
厳密に測れる計測装置があるのでパワトレもフィッティングもちょっとレベル違う。


fantasista_2017-06-14 12-10-22 
合宿終わって帰ってきたのでピザ修行
うちの強化指定かかってるツッキーと違い
まだまだ店に立てるレベルではない。
ピザというのはまず素人では作れないので
プロレベルのピザ職人になれば
PCTとかCTで走り続けることも可能なので
自己投資としてがんばれ〜

リクくんの調整日は弟の練習日であったりする。
一緒に走れるレベルではない。

fantasista_2017-06-18 09-48-14 
だがしかし、練習10秒前でまだ漫画である。
これがファンタジスタである。
「えー、おはようございます、それでは練習始めます!」
とかうちにはない。
基本は個人練習。勝手にやる。
チームはみんな家族みたいなもんだから気は使わない。
ベースキャンプがあるというのはそういうことである。
この状態、ツッキーは朝から100mくらいしか走っていない。
リクは朝から40kmほど走ってきている。


6月 全日本選手権U23

19417199_1381657751949060_3732213105100522799_o.jpg 
全力でがんばったもののまだまだ実力不足
残り少しでリタイヤ
U23一年目の壁に突き返される。
ただ、想像以上に成長していた。


西日本クラシック前
ツッキーは中学生ながら
Jユースツアーに出させることにした。

fantasista_2017-06-18 14-27-31 
兄のフィッティングを受けるツッキー
けっこうボロクソ言われているのだが平気のスルー(笑)


fantasista_2017-07-02 20-25-25 
何処の親だこんな中に中学生を放り込むとは。
横浜とか城南とか強豪ぞろい。
でもEQUADSはこの中でもしっかり走るじゃない。
自分の立ち位置を判らせるには走ってもらうのが一番
「どうやっった?」
「ぜんぜん絡めへんかったわ」と周回遅れで平気のツッキー
ただこのまま終わらなかった。
城南の監督さんの目に止まり来年松山に来ないかとのお誘いがあった。
京都にまで来てくださったのだがありがたく辞退させていただくことになった。
リクベルギーツッキー四国で家空っぽだとママ寂しいし。
ボクはお会いしていないのだがサスガだなと思った。
ジュニアの親の方は知っていてほしいのだが、
プロ指導者は現時点の実力よりメンタルと伸び代を見ている。

ツッキーはこの西日本クラシックを終えて放牧することにした。
夏にかけて背がぐんぐん伸びてきて膝が痛いと言うので秋まで練習ストップ
アイスホッケーは適当にやっているが。


ボクが指定しているトレーニングレースはAACAか平田クリテ
雰囲気など楽しませてもらえるホビーレースも好いだろうが、
真剣に強くなりたいならシンプルイズベスト。
このレースが一番勉強になるので出なさいって言って出ていたら
最初高校のときは完走すら怪しかったが完走できるようになった。

fantasista_2017-07-09 02-57-14 
キナンの選手のガチバシリでボコられながら鍛えてもらっている。
Jプロツアーのレベルも近年上がってきていて
欧州で通用する選手もいて熾烈な争いを繰り広げている。
それだけにAACAの位置付けが重要なのだ。

fantasista_2017-07-09 11-29-53 
これ出ている方々はレースを積極的に動かしていて勉強になる。


fantasista_2017-07-09 11-04-24 
ツッキーもたまに1−4に出ている。
先頭で突っ込んでいるこんじょは認める。(笑)


2017年は皆さんと朽木方面にロード練よく行った。
いつも来てくれる皆さんもとても強くなった。

fantasista_2017-07-17 10-31-52 
リクもリカバリー日と重なるときには来ていたが春より数段強くなっていた。
まあ、もう一切絡めないレベルであるよ。。
「おとうさんが目標〜」とか言ってたくせに。。
今はツッキーと熾烈な争いをしている。


fantasista_2017-07-09 08-20-06 
弟はだいたい兄にボコられつつの強くなっていくのでしぶとい。
ある意味良い環境ではある。


夏の遠征

fantasista_2017-07-23 03-53-46 

リクも吉タクも両方勝った!
二人共E1昇格

cw_miyada-ct-1.jpg (画像:シクロワイヤード)

リクは西日本クラシック時体調不良っぽかったもののE2に上がり
ミヤダでは勝ってE1に上がった。
高体連だったのでベルギーから帰国後、初実業団登録だったが、
2回遠征へ行ってE1上がれたコスパの良さ。
くら寿司走法
来シーズンE1で上位に入ればJプロツアーの出場資格がもらえるらしい。
というほどレースは甘くはないだろう。


fantasista_2017-07-29 14-58-57 
遠征はいつもちほさん完璧
この人はボクの全日本カートのエンジン7分で積み替えてピットレーン押しがけしていた人なので
自転車のメカとかアテンダントは楽勝
マネージメント経験は活かされている。

真夏のAACA

見に行ったついでにツッキーのレースに出てみた。
ともちゃんも出ていたので走りを見た。

fantasista_2017-08-05 10-21-12 
ひっさしぶりのクリテ
体結構動いた。
ツッキーが落車回避で千切れやがったので
下がって何してるのか見に行ったら屍ゴールだった。(笑)

リクは炎天下の時間帯の1−1

fantasista_2017-08-05 11-51-54 
アイスボックスに補給満載メント


 



fantasista_2017-08-05 14-36-28 
リク&たくや完走
こちらも屍状態
っていうか、こんなんよく完走できるな。

そのまま滋賀県へ
夜やるホビーレースのC1にエントリーしていたみたいなので行ったが、
昼プロと100kmもレースして体使い切ってムリ状態だったからリカバリ程度に走って終了。
て言うか、先にこっちにエントリーしていたが「AACAあるよ!」て言った。


fantasista_2017-08-05 20-17-11 
知り合いもけっこういてがんばって走っていた。


ピザ修行である。
作りたい人はセルフあり。
ただ、超繊細な所作を求められるので
普通の人はまずできない。
できても美味しくはならない。
指先1つで変わるのがピザ
タイミング1つで変わるのがピザ
ペダリングと同じ神経の違いが出る。

fantasista_2017-08-09 12-16-40 

選手がお帰りに少し付いて行って練習して来たら?
となって、
「いえーい!」と盛り上がるが、
一方で、完全ブルーなツッキー(笑)
「絶対ムリ!行きたくないし!」みたいな。

fantasista_2017-08-09 13-49-58 
それでも一応挑んでみて爆死するのだけど。


夏の日
お客さんが少ないときはトランプ

fantasista_2017-08-19 14-32-08 
「ちょっと練習いかへん?」
「あ、ええわ」

機材に盛り上がる夏の日

fantasista_2017-08-19 16-22-40 
ベルギー国旗があしらわれたリドレー
しかもスラムの電動
これはヤバイ。線がない。


8月末再びベルギーへ

fantasista_2017-08-23 07-35-41 
ツールド熊野、チーム合宿、全日本選手権など
日本でのレースとトレーニングを終え再びベルギーの監督のもとへ。


夏の終わりは乗鞍へ

fantasista_2017-08-27 14-10-56 
ツッキーは喜んでいる顔

fantasista_2017-08-27 14-10-02 
なんとか6位に入ります。
登り系だったリクくんはヒルクライムを一昨年やめた。
2016年は渡欧のため体重を増やし68分台くらいと一時的に遅くした。
成長期なのでそれで好い。軽量ではトルクが足りないためだ。
ツッキーは成長が遅いタイプで生体年齢は小学生?
高校時代はあまり成績が出ないだろうと予想する。


9月コルナゴの・・・

fantasista_2017-09-09 17-58-55 
COLNAGO JAPANさんと山へ。
元全日本チャンプに色々とお話していただいたりしながら・・・
何していたかと言うと、
2018年のカタログ撮影に同行

fantasista_2017-09-10 20-57-24 
千穂さんはクロスバイク


fantasista_2017-09-12 18-10-53 
なんですとっ!!

fantasista_2017-09-12 19-55-06 
コルニャ〜ゴ

fantasista_2017-09-12 19-56-59 
ごろにゃご


fantasista_2017-10-06 13-57-47 
ボクはCRS、A1r、MONDOのページ
後半のロードすべて

fantasista_2017-10-06 14-01-13 fantasista_2017-10-06 15-07-56 
千穂さんが読書しているのを初めて見たぞ!!(笑)

これでリクがUAE Emiratesに入ったら家族写真集になるところである。

結婚した時に生命の危険ありなどあり
写真などアルバム作ってもらったり一切しなかったので
一生の思い出になりました。


西井さんのセミナー

fantasista_2017-09-16 17-24-04 
アーチェリーです。
この人にこういうものをもたせると危険です!


10月 秋のコルナゴニューモデル試乗会

fantasista_2017-09-17 09-25-49 fantasista_2017-09-17 13-29-56 
フカダまじリング、サムズサイクルワークス合同試乗会
今年も開催の運びとなりました。
ガチバシリして頂ける試乗会ということで場所をお貸しさせていただいてます。
C60、V2R、CONCEPTのトップモデル。
CRS、A1Rのミドルレンジ
シクロクロスなど。
ビンディングを交換しポジションもある程度合わせて本気で試乗
初心者の方もハイレベルの方も一日真剣に乗られていました。
いつかトップモデルほしいです、いつになるやらわかりませんが。


秋のベルギー方面

行ってすぐのレース
フランスだったかのステージレースを
1日目でリタイヤしているのでなんでかなと思ったら、
スタートして5分でパンクしてカーペーサーでなんとか復帰したら
タイミング悪く先頭でカチューシャとロットソーダルが上げ始めて終わったなどと。
「360ワットでしゃべりながら走ってる。」とか。。

これはどういうことかと言うと、
体重70kg程度のベルギー人やオランダ人の場合、
360ワットは5.1W/kg程度にしかすぎないのであり。
それなら30分くらいは平気で続いてしまうのである。

写真を送ってきたら
ガヴィリア!
は分かるとして・・
ボクが注目するのはそのとなりの

fantasista_2017-09-18 15-36-08 
トレイニーのU23のコロンビア人、アルバロ・ホデッグ
ラヴニールの6ステージで勝って来年から正選手
クイックステップは2018若手を補充
SEGからヤコブセン、第二ステージ優勝
ウィギンズからはノックス、第7ステージ2位、山岳3位

その他もワールドツアーがラヴニールで活躍したU23の選手と契約
特にすごいのはやっぱりSKY、各選手のラヴニールの成績は・・・

バーナル(アンドローニ・サイダメック・ボッテキア)総合優勝
ハルボーセン(ジョーカーイコパル)第一ステージから、2,3,1,3,4,4位でポイント賞ジャージ
ロウレス(アクセオンズ・ハーゲンズ・バーマン)第3ステージ3位、第4ステージ優勝
シヴァコフ 9ステージ登り逃げ切り優勝、山岳賞ジャージ

さらに、SKYはバーナル、ハルボーセン、ロウレスをダウンアンダーにいきなりデビューさせ主力で使う。

ヨーロッパのU23とはそういうところなのだと改めて。


fantasista_2017-09-24 15-17-20 
日本は長閑な秋へ
まだまだ暑い日が続く。
近所の農家のおじさんが言った。
「最近の天気はもうなんでもありや」


なんと突然自転車雑誌から電話
「今から行っていいですか?」
何かの取材で朝から絶食状態だったらしい。

fantasista_2017-09-20 14-34-21 
「ご家族でロードバイク乗られるんですか?」
え?ま、まあ。。

たまに練習後に来るこの人はチャリン娘なのであるが、
昔からツールドおきなわ出てるので
KOGA KIMERA3Kでガチバシリ後に来て
ベルギーワッフル食べて
「おつかれっす」と帰っていく。

fantasista_2017-09-25 15-19-53 
旦那も昔はかなり走れたのであるが、
最近は4年に一回くらいしか本気にならないので
こち亀のキャラにちなんで
「ひぐらしさん」と言われている。
嫁に付き切れする旦那って・・・

10月

fantasista_2017-10-04 13-50-17 
秋晴れの清々しい日
四季の変化は描きかけの絵の具だ。


fantasista_2017-10-14 10-36-35 
今日もにいにいはウェルカムスタッフ業務に勤しむ。


ベルギー方面はもう冬ウェア

fantasista_2017-10-17 20-31-26 
この写真を見て高校自転車部の同級生が
「お前許さん」と言ったとか。(笑)

ロットソーダルのパックちゃんとたまに練習中会うらしく。
21歳なのでまだこれからの伸び代が大きい選手だ。
このチームでは22歳のコペッキーの方がボクの押しは強い。

男子のU23も半端ないが、女子のU23も定着するためには壁が高い。
Lotto Soudal Ladiesは2017ちょっと微妙な感じであった様子

選手は、チーム練習以外、大体練習パートナーと少数か単体で走る。
練習後流していたりすると他チームの選手と行き会いしゃべりながら帰ってくることもあるらしい。
BMCの隊列とすれ違ったと言っていたりするので街自体がそういう感じなのかな。


この入口を知っている人は数少ない。
ビワイチ数千台ロードバイクの楽園を知らず。

fantasista_2017-10-15 13-07-49 


10月に帰国

fantasista_2017-10-15 14-30-29 

ジャパンカップ

fantasista_2017-10-28 09-12-16 
隊列の先頭を走っていて雨の下りスローコーナー
なんでもないところでコケたらしい。
「タイヤ支給されていてこけるとは何事よ」
「しかもアスピーテウェット」
「もうこれは引退レベルの失態やわ」
と脅したら、横にいたプロが言った。
「大丈夫!ヴィーニファンティーニの人もコケてたから♡」
でみんな大爆笑。

確かにコーナリングがイマイチ。
コーナーは色々な曲げ方があるので深い。


リク君コケて腰から落ちてけっこう傷んでいた。
一回リセットしてやり直し。

fantasista_2017-10-29 15-15-02 
なぜかみんなでローラー回しているが
勝手に一人ひとりが違うことしているという。
リク=ガチ
つっきー=高ケイデンス
ママ=ダイエット?


11月

fantasista_2017-11-05 12-33-44 
マッツンが浜松へ移動となる。


VINI Fantiniとは

ファルネーゼのVINI(ワイン)の商品名
fantasista_2017-07-06 23-50-56 

fantasista_2017-11-09 19-38-26 
これであります。
カサーレ・ヴェッキオ(右から3本目)がファルネーゼのヒット作
ワインバーでは一本4500円くらいで出しています。


11月はツールドおきなわ

fantasista_2017-11-10 06-24-52 
今年はつっきー初参戦の中学生レース



fantasista_2017-11-10 14-10-50 fantasista_2017-11-11 11-40-39 
寒いところから夏に逆戻り
気温差大きくて体が馴染むのにタイムラグがある。


fantasista_2017-11-11 13-04-05 
チームサポートしていただいているGOKISOの森本選手と。
スーパーすごい名人芸のクライマーなのでクライマーのりくとしては。
森本さん、「140?勝てよ、フォッフォッ」
りく「え”!」

レースの方はボクは実力不足+落車足止めなどで撃沈
リクは調子良いと言っていたものの、最後の方でやっぱり落車の影響で、底がなくトルクが戻ってなかった様子。
ツッキーはITT的に走って13位だったか。話し聞くとどこかで脱落してからよく単独で走りきったなと思った。来年からはジュニア国際


fantasista_2017-11-12 14-46-33 
ツールド友だちのタカミンチューと一年ぶりの再会
作ってきてるなこの人、嘘みたいに絞れてる!
就職して最初の2年って自転車競技どころじゃないからよく戻したと思う。

瀬底島へ

fantasista_2017-11-12 17-11-20 
フカダマジリングの深田さんが面白い宿に泊まっていた。
なんだコレ?(笑)


fantasista_2017-11-13 13-23-11 (1) 
那覇空港を離れ寒い寒い関西へ。
つっきーが出し切った顔をしている。
自転車は苛酷な競技だ。
だからこそ、
「楽苦しく!」
いつも笑顔で。


12月 オフトレ

fantasista_2017-12-02 12-12-07 
リク君はアンカーの供給となりました。
グラファイトデザインのときはバッテリが外付けでトラブルが出たので
バッテリ内装に改造してある。


これから雪に埋もれることも多いので
ボクのオフトレはCXに乗り換えます。
タイヤの転がりが重いので低速で負荷をかけられるから
巡航速度が低いので風で寒くない!それだけ!


fantasista_2017-12-06 14-48-32 

12月のサプライズ

fantasista_2017-11-22 15-12-31 
韓国のWIAWIS BIKEの供給を受けることになりました。
誰が?
このわたくしなのです。
日本ではまず見ることがないメーカーのバイクなので、
インプレライドをしていこうと思っています。


12月24日から31日

恒例のFESTIVE 500

fantasista_2017-12-07 21-16-08 

チームスカイと罵られながらもこれで走ります。
「うわ、前からチームスカイ来た!」と言われるという。
安くて良いものだから買ってしまった。

FESTIVEのときはけっこう賑わうのでずっと走っているわけにもいかないけれど
ずっと日本人の上位にはいたので1000キロくらいは走る予定の処
時間取れなくなったのと眠くて眠くて。。

ずっと0度付近の雨という一番厄介な天候だったにもかかわらず
ウェアは問題ナッシング。
しかし、シューズの中が濡れるのとシューズカバーは改善の余地あり。

バイクはWIAWISの初ロングライドとなったが700kmくらい走ったが、
グラファイトデザインに優るとも劣らず楽だった。

1000km走れなかったので
2018はFESTIVEの距離目標をを1000kmにします。

走っていて気がつくのだけれど
海外の上位陣は明らかに2000km目標で走っている。
というのも
12/24 --- 12/31
8 day =4 day×2
4 day=96 hour
1000km 96hour
2000km 192 hour
= パリ・ブレスト・パリ2回分
だ、明らかに。
クリスマス休暇がない日本人には難しいけれど。

2017年もFESTIVE 500で終わりました。


2017は成長の年でした。

そして3年間森に篭って山に登って
追い求め続けてきた生地がやっと思っている感じになってきた。

fantasista_2017-12-15 12-05-51 
fantasista_2017-12-08 14-29-15 

ネコ兄弟

2016年に亡くなったネコ、ウィ君の後やってきた二匹のネコ兄弟
一年で成長して大きくなりました。
弟の方は下半身麻痺だったうぃくんの再来で
似たような感じだけれどずっとマシでゲンキにしている。

fantasista_2017-12-15 12-07-21 

人に恵まれ好い人がやって来てくれていたような気がする。
何かしら良い情報をもたらしたり、
何か運のようなものを運んできたり、
自分の方からも色々と出かけて行きたいけれどあまり出られなかった。
2018は時間がある限り色々と出かけて行きたい。

2018年この続きはどうなるのかわからない、未来だからね。
ただ、未来は簡単に変えることができるものだから。

4歳年下の弟がいつか兄に追いつく。
そして勝負する。
別にその舞台がどこであっても好いと思っている。

 

我々はまだ夢の中だ。
まだまだ日本ではロードレースはマイナーだ。
ヨーロッパは難しい。
失敗するか成功するかそれは誰にも分からない。
しかし、リスクを取って海外に挑戦することには大きな意味がある。

「チャレンジは人生を面白くし、
それを乗り越えることは人生を意義深くする。」

Ride tough! 
マジでイケ!
Now or never,
今やらなければ明日はもうない。


自転車ブログ ロードバイク
自転車ブログ 親子サイクリスト
にほんブログ村



にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村



- 0 Comments

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。