Ride tough, now or never.今を翔ける

ロードレース, Pizza, ねこ, 英語のこと

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自転車ブログ ロードバイク

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

IRWIN

台湾のホイール IRWINを試乗させてもらいました。

IRWIN.jpg


ホイールの知識を得ることができ有意義な時間を過ごせた。

試乗では駆動伝達効率の高さが実感できた。

ボクが注目した特徴としては、

Ceramic fiber composite reinforced braking surface
 リムにセラミックコンポジットと言えば良いのか、放熱性の低いカーボンの熱対策としてセラミックとファイバーの複合技術が使われているという。ブレーキ面のカーボンの変形を抑制し、また蓄熱による内部からの破壊を防止する。

セラミックと言えばレーシングカーのブレーキディスクを思い出す。カーボンホイールのリムブレーキはリム面がダメになっているのをこれまでたくさん見てきたので、ブレーキ面にセラミックの技術を投入するのは必然の流れだと思う。


60 ratchets & 6 pawls
 駆動側の伝達がとても良い。無負荷での回転は重いが、ライダーが乗り慣性がついた状態では特に問題はないと思う。チェーンを張って回し続けるヒルクライムには良いと思われる。「ジー」と釣りのリールみたいな音がする。

6-60.jpg 

Hand made
 手組みホイールでSapim CX-RAYがラインナップされている。テンション調整でチューニングできインプレも分かりやすい。CX-RAYによって全体のバランスがうまく出ている。


Light weight
 カナリ軽く仕上がっている。

 


ボクならアルミの低いリムのがほしいかな。






自転車ブログ ロードバイク

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

- 0 Comments

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。