スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自転車ブログ ロードバイク
自転車ブログ 親子サイクリスト
にほんブログ村



にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村



KINAN AACAカップ 雑感

KINAN AACAの雑感的なもの

 
つっきーの柔軟がなにか違う件


 
ゼッケンを付けてもらっているの図
これは乗車状態でバタつかないように屈んでいるのね。



この位置はインターバルがきつい。
Zコーナーで停まっている間に先頭は40オーバー




4回ほどビデオを見返したが仕掛ける那須ブラーゼンと
受けるマトリックスや京産大という展開




タキヤマ兄弟のレース中ネコ兄弟は・・・


リクはまだまだ体幹が小さいです。


つっきーに関してはうまいレースをしたんじゃないかな。


リクは後方にいたけど、「もっと前入ったらいいのに」と思ったが、
最後力尽きてたけど調整としてはまずまず出来上がっていた。
台数が多く奥のコーナーもボトルネックになったのでインターバル2倍増し
千切れていくところ映像で見たかったんだけど。

後ろで走ってくれると映像で走りをチェックできるので便利です。
バイクのセッティングが登り向き
Z手前の坂は楽そうだけど。
平坦でトルク抜けしているのでハンドル上げて
サドル下げて引いた方がトルクが掛かる。
前荷重でリアが軽すぎてヒラヒラ
ペダルバランスが崩れていた。

データを見るとラップ平均220W前後、平均速度42km/hだけどこれって・・・
一定速で走っているわけではないので。
ラップタイム7分15秒の中で
3回インターバル

17周(ラスト除いて)各ラップのマックスが950W近辺で1/4は1000W越えてる。
+坂と奥のインターバル35回

ドンパチドンパチ
後ろで走っているとインターバルがきつい。
前前で走っている人はマックスが低いラップが必ずある。
それならむしろマトリックスか京産大の後ろに位置取りしたほうが良いと考えるかもしれないが、
そこで走ってる人は最大ワットはもう一段高い。


ビデオ見ていて凄いなと思ったのはシエルボ奈良の山本雅道選手
リアタイヤにしっかり負荷をかけて太い中間トルクを使ってぐいぐい無駄がない。
毎周1000W出した上で中切れ起きたら
いつでも追いつくって走り。


面白かったのはちほさん
電話でテンション上がって言うには、
「マトリックスとかあいつらずっこい!どんどん落ちてきよって「やった!」思ったら笑ってしゃべりながら走っとるし。オマエラ最後までちゃんと走れや!」
「え、それアシストやで〜、知らんかったん?」(・∀・)
ちょっと面白い。



自転車ブログ ロードバイク
自転車ブログ 親子サイクリスト
にほんブログ村



にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村



- 0 Comments

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。