FC2ブログ

ビワイチ名物ピザ屋ファンタジスタの「今を翔ける」日記

色々なスポーツサイクルに乗ったりピザ焼いたり。

Fi'zi:k Cyrano R1 Stem

ハンドルを落とすためのステムで、水平より落ちる20度でデザインも良いと言えば、

Fi'zi:k Cyrano R1 Stem 

fantasista_2016-11-04 17-41-20

ボルトはチタン
締め付けは少し斜めになっているのが特徴
 
良い感じに落ちます。

さて、「ハンドル周りをなぜ落とすのか」という。
1手足(リーチ)が長い。
2からだの柔軟性が高い。
3サドルが低い。(背が低い)

とその組み合わせが考えられる。
ボクの場合で言えばサドルが低いので
普通のステムだど前傾がなくて
「トルクが入りにくい」
ってのがある。

りくは1パターン=長身でリーチが長い

fantasista_2016-08-19 07-55-53
バイクだけ見るとすごい代物だけど

fantasista_2016-08-14 05-19-05

乗れば普通に見える。右の人も後ろの人もそんな風


つっきーは2パターンだ。=背が低い+柔軟性が高い。

fantasista_2016-11-06 15-16-11 

後ろ周りの低さに対して前を可変ステムでかなり落とさないと
前上がりのセッティングになってしまう。



ぼくは3パターン

fantasista_2016-11-04 18-56-21

脚が短く胴が長い。。
胴長短足の日本人はこのパターンが多いような。

体幹がなければ、普通のステムで上げて支える。
体幹があれば、ステムで前に出して落とす。

レース系ポジションの絶対条件は体幹で支えられること。
これができないとハンドルによっかかるだけになってしまう。

インナーマッスルが自転車ノリになってくるとポジションの自由度が上がってくる。

骨盤の角度(仙骨の角度)にも関係しているから
平坦よりのセッティングと
登りよりのセッティングでも
サドル高との相関関係で
前回りは多少変わってくる。


自転車ブログ ロードバイク
自転車ブログ 親子サイクリスト
にほんブログ村



にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村



0 Comments

Add your comment