FC2ブログ

ビワイチ名物ピザ屋ファンタジスタの「今を翔ける」日記

色々なスポーツサイクルに乗ったりピザ焼いたり。

極寒のグローブはこれに限る

おとうとちゃんの目は緑色ですね。
おとうとくんは独立心がある子
逆にニイニイの方が寂しがるのだが
最近は別行動がある。


「あれ?ニイニイは?」
となって探すと
ずっと外に締め出していたということも何回か。
家の中も床付近は10℃ないくらいだから
0℃の外でもなんともないみたいで
長時間雪の中にいてもヒョウヒョウとしている。

記録的な大雪になっている。
スーパーレコード・・・
もうええちゅうねん。
ってことでシルバニアファミリー状態。



アルプスの山荘へ行った気分だけ味わう。
雲が晴れるとバックの雪山の借景は超絶綺麗。
実は、このログハウス、
ログの玄関が森を向いていて、
建てるときに「セオリーじゃない」と建築に言われたのだけど、
森とバックの山の構図を考え、
絵画的にはこの方が良いと考えたのね。


北西の風が蓬莱山上空から雪を運ぶので
丁度うちは直撃する。
森の中なので風もなく音もなく
シンと静まり返っている。

山手から湖岸をMTBで散歩してきた。
皆んなに「すごい」とか言われる。




エアを試してみているのだが
シャーベットは難しい。
それと新雪の走り方だけど30センチ以上では
転がしていると滑るように走れるが、
踏みムラがあって前輪の前の雪を固めてしまうとタイヤで硬い壁を作って停まる。
スキーといっしょか?


2時間ほど除雪
筋トレしたかっただけ



除雪はたのし
短く持って
スクワットと同じ筋肉で100回ほど
腰にはこないやり方

途中で面白い立ち上がり方を見つけて
ペダリングと同じだと気づく。
大腿四頭筋に来ない裏側の筋肉を使うやり方
週末は二人にもやらせよう。


さて、極寒でも暖かいグローブのお話

冬用グローブは6コくらいは持っているが、
その中で最強のやつ
「極寒」って何℃よっ、て言えば
マイナス5℃くらいまでは裏山登るときに使っている。
SEAL SKIN(シールスキン)
アザラシの皮でできているわけではないけれど
なかなかイカツイメーカー名
米軍のネイビーシールズを彷彿とさせ・・・ないか。

 



外側はアザラシではないけれど
ザラザラしている。
ゴアテックスかな?
特筆すべき点は「気温1℃雨」
みたいなコンディションで優秀
水も弾いてしまう。
氷点下だと雪はサラッと転げ落ちる。

片方だけインナーにモンベルの純毛手袋でテスト
このインナーグローブ
見た目はコンビニのインナー手袋とうり二つであるが
暖かさが全く違う。
さすが高いだけある。
そして純毛だから匂いが付かない。
今日の温度(時間場所により2〜5℃)だとインナー特にいらなかった。
あれば少し余分に暖かい。
マイナス5℃くらいだと
使用時間にもよるけれどインナーはほしい。
中に使い捨てカイロを貼ると最強ヌクヌク!

指が二本二本1本のバルタン星人なので
ロードは慣れないと
「あれれ?」となる。
真冬だから変速とかどうでも好いからと割り切る。
MTBは違和感なし。

その他良いのがあれば教えて欲しい。


今日の作品:
「氷河」



マヤ暦なんちゃら地球滅亡の映画を見た。(笑)


ニイニイ
何処に行ったかと思って
おとうとちゃんに訊いても
知らんぷり

 
何処からか出てきた式神君
ネコって実は最強の毛皮
野ネコたちは氷点下でも歩いているのを見る。
キャットスキン

雪が大好きファンタジスタのねこ兄弟の
スキージャンプ・ラージヒル・ペア

「ネコの兄弟という珍しいチームです。」
「ネコノヴィッチマユゲノフ選手とコテンスキー選手です」
「おっと、これは高いですね〜」
「飛型点も高いですよ」
「着地は・・・決まった〜」
「表情がいいですね」
「ハイタッチで勝利を称え合っているようです」
「やや無表情ですね〜」









自転車ブログ ロードバイク
自転車ブログ 親子サイクリスト
にほんブログ村



にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村



0 Comments

Add your comment