FC2ブログ

ビワイチ名物ピザ屋ファンタジスタの「今を翔ける」日記

色々なスポーツサイクルに乗ったりピザ焼いたり。

ペダリング改善

 この前おきなわ後に金子広美選手夫妻が遊びに来てくれたときに、色々と有意義な話をしたので、とても役立った。話した内容は栄養学、ペタリング理論、レース理論に及んだが、正にボクが仮説を立ててここ数年子どもたちに実践してきた内容ともシンクロしていた。うれしい♪

ああ、ペダリングそれは永遠の課題

直列2気筒可変トルクエンジン

そしてアイスホッケーの練習にもオフェンス練習、ディフェンス練習と強いチームは分けるのと同じように、自転車のトレーニングも脚質別の効率的なトレーニングがある。

クライマー、パンチャー、クライマー寄りのオールラウンダーは体組成に寄って識別は微妙に難しい。クライマーは苦労人が多いかも。身を削って登るようないじらしさ。やっぱりスプリンターには花がある。クライマーが羽ばたくためにはどうしたものか日々考えている。



fantasista_0028-11-17 14-20-35 
ネコはスプリンターであります。ニイニイとぼけた顔してネズミなんか瞬殺でバチバチにイワします。アタック力が違います。殺しの達人です。逃しません。


fantasista_2016-08-10 23-51-01 
クライマーです。夏この写真を見て「平坦つらいなあ〜」と思っただけです。ネコのようなアタック力はありません。かと言ってルーラーのしぶとさもスプリンターの輝きもない。そして日本には150kmワンウェイで走っていって20km登って山頂ゴールというようなレースはありません。





リクがフィッティングをみてほしいというので少し変更するアドバイスをした。

クライマーのペダリングの長所を伸ばし短所を改善する。

クライマーには長所も短所もある。

そもそもクライマーというのはなんなのかという話

元プロが言った。「立って速くなるのがクライマー」

確かに端的に言い表している。

実は「登りが速いのがクライマー」と断定できない。登り方の問題、プロでもルーラーは座ったまま激坂をスルスルと登っていくのをうしろで見ていて思った。

初期入力のトルクが高いから座ったままSFRでVAM1500程度でグイグイ登れる。クライマーは得意としない。どうしても立ちたくなるし、立てば重いギアが回せる。Youtubeで雲の上の人キンタナを見ていても明らかに座ったときに苦しくなる。クライマーはずば抜けた登坂力があるにも関わらず、登り区間のシッティングに実は悩みを抱えていることが多い。

クライマーは初期入力トルクは弱めだから(他者比較ではなくトルク曲線として)、点で入れるのではなく面でトルクを入れ、心肺能力を活かしてケイデンスで補い回して登る。肩甲骨周りの回旋、腰椎から臀筋、腹腔のインナーマッスル、ハムストなど主に裏側の筋肉が良い。

「質量×時間=パワー」なのでトルク(質量)が弱めでも時間を掛け算する=「長めに入力するorケイデンスを上げる」すれば出口パワーは大きくなる。動画でもリクがケイデンスを上げたいと言っているのはその方が楽だからだ。普通はこの状態でケイデンスなんて上げられないし350Wで穏やかにしゃべれない。ギアをかけていって続けると息が上がるよりも「足が動かない」と言う。ダンシングははっきりと遅筋を使っているのが分かるだろう。(ペダル反対回しに見えるでしょ。)

さて、そこを意地悪してパラドキシカル(逆説的に)に「ギアをかけろ」「すこし腰を浮かせろ」と言っているのは何か。「ダンシング時の加速度を付けた上下通過のように、SFRで上下の死点を通すことを工夫して改善すれば通常時のシッティングも劇的に良くなる」ということを理屈ではなく体感で気づかせようとしている。つまりは、少し腰を浮かせて「シッティング状態ダンシング」で調整してみれば「なぜ上下の死点が重いのかに気がつく」ので「裏綺麗に回したら回るから回しなさい」と少しのアドバイスで治る。良いエンジンというのはすべからず上死点と下死点でロスのない個体であり。

ダンシングクライマーの長所は大転子の制御がうまく、上半身からの下方運動連鎖を駆使してペダルに高トルクを入れられる。ダンシング時決して踏み抜かず回せる技術とリズムを天性で備えている。エコエンジンなので立っていても、ケイデンスが高くてもエネルギー消費は相対的には低い、ここが利点。一方で立ってしまえばなんとかなる系なのでいまいち深く考えていないのが弱点、20分の登りならそもそもサドルがブロッコリーでも関係ない人たち。


サドルの高さを少し変えさせて少し座る位置を自分で調整しただけ、自己改善と気付きだけ、パーツなど何も変えずにあっさりと350W一定で回している。ボクは自転車屋じゃないのでサドル売ることはできない。大事なのは数値であってモノではない。そして答えが合っていれば間の式は必要ない。つまりは、隊列組んでチーム練してもある程度まで、そこから先は自らのココロとカラダの底まで降りていく、感じたことを工夫して全部技術と実践で解決できる問題である。



クライマーとは大雑把に言えば

安静時心拍が30から40台で心肺能力に優るタイプが多い。
骨格に対して筋肉量は少なめで筋肉と酸素供給のバランスで吸気系が駆動系より余裕がある。
→息が上がるより先に足が動かなくなる。足がつらない。
遅筋の割合が多く持続力があるが瞬発力に劣る。
→強烈なアタックに反応できない地足型
→ダンシングで上半身の酸素消費が少ないので立ち続けてもタレない。


こういうエンジンが得意とするのは前乗り、リアの荷重を抜き気味に路面接地圧を低くしてタイヤのグリップで路面を引っ掛けて高ケイデンスできれいに回して一定出力で登る。背中を丸めて小さく乗って腕で引くのではなくて背中からお尻を通してハムストまでの筋肉が一連に作動しやすい状態のフィッティングにするのでステムは長くなる傾向、これがうちの家族のフィッティング。モータースポーツで言えばコーナーを脱出してからストレートをパワー(回転)で加速している状態。

一方苦手とするのは、後ろ乗りでリアの接地圧を上げトルク効率を高めて重いギアで加速力を稼ぐ走り=アタックが得意。モータースポーツで言えばクリッピングポイントからアウトサイドまでの接地圧が高い状態でトルクをかけて加速している状態。加速時の「重い」路面なのでエンジンとしては重くなればなるほど圧縮比の高い高トルクロングストロークエンジンのほうが優位だ。若干回転は低めになるのは自転車で言えばケイデンス。脚質はあるもののクリート位置の調整でかなり技術的に解決できると信じている。去年はかなり改善し平坦独走力もついた模様。

結局のところこの両方ができるのがレーサー、それをこの写真で気づいた。

fantasista_2016-11-21 22-02-31 
立っているが前乗りと言える回転系クライマーの白黒ジャージとリアタイアにしっかりトラクションをかけて加速している赤白ジャージのスプリンター。トルク効率は圧倒的に後ろのほうが良いペダリング


OFFのトレーニングとしてはNP220〜250Wライドの中にシッティングの中高強度インターバル登坂を入れながら帰ってくる150km

「踊って座れるクライマー」これが最強(笑)




自転車ブログ ロードバイク
自転車ブログ 親子サイクリスト
にほんブログ村



にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村



0 Comments

Add your comment