FC2ブログ

ビワイチ名物ピザ屋ファンタジスタの「今を翔ける」日記

色々なスポーツサイクルに乗ったりピザ焼いたり。

久しぶりに良い感じのロード練習

今日は第一日曜日ということでファンタジスタはパラダイス!


ドッグ関係は台風を懸念して閑散、一方自転車関係は賑わう。


fantasista_0028-09-04 14-57-38

 今日はフカダまじリングの伝統、ボンジョルノサイクリングの目的地がファンタジスタ。ツッキーと行くことにしていたがリクが来れるというのでせっかくだから選手交代で参加させてもらった。その間ボクはPizzaの生地を。ボンジョルノサイクリングと言えば実業団を持つフカダのガチじゃないライド、「フカダ癒やしリング」と思ってたが、今回のルートはテケトーに走りながら変わっていったらしく。(オイ!)草津から南下して南回りで山中越え登って、比叡山高校ー西教寺ー安楽律院ー仰木アップダウン、最後にファンタジスタへの登りは志賀中ルートという激坂。リアルガチ勢のコース。つっきーはとても鍛えられた!・・抜け殻、夕方DNS(笑)

 それから守山にできて人気のプロショップLOKO Bicycleのライド、こちらも何度もチームライドでファンタジスタに来てくれている。こちらには登り好きなリーダーC川さんがいるから。初心者はおそらく、だいたいの場合・・騙されて坂へ(笑)・・・「今日のルートは初心者向けですよ〜」的な感じで・・・坂の上へ連れて行かれ・・・でも、振り向いた先には息を呑むほどのこの世の絶景が。初めての方とても喜んでいた。感動をいっぱい人に語って欲しい。ここのリーダーが前に言った言葉が心に残っている。「ボクは苦しい坂を登って見た景色が好きでそれがご褒美」眼下に広がる風波で青々とした湖面、霧に煙る山の稜線、きっとビギナーに見せたい、体験させたい、人生の特別な日を。ま、ドMだけどね。

自転車乗りは強い人に限ってだいたい三味線がうまい、初心者は気をつけて覚えておくように!


整体でペダリングが絶好調だ。


 今日はいつものなんくる先生の鍼と整体の他にカイロプラクティックも出ていてリアルに健康志向なファンタジスタだった。ボクはなんくる先生にいつものように言って調整してもらった。彼はサイクリストでもあるので話が通じる。ボクはパフォーマンスが上がっている。今日の夕方のライドで上げるので腰椎周りと脹ら脛、前回りも調整してもらった。彼はチームファンタジスタの公式マッサーを努めてくれます。

夕方のヒルクライムなお友達


 楽しみにしていた店のFacebookに立てたイベント。朽木反時計回りへ。メンバーは自分の他にリク、あわちゃん、なんくる先生、LOKOの二人E本くんと竜くん。高校生二人、20代とこの前30になったばかり一人。ベルギーで高校日本代表の子たちとの合宿を終えリクはどの程度か。朝インターバル練習を鬼のようにやったというが。ボクとなんくるさんがやばい。。

 蓬莱ー高島はリクの一本引き、巡航速度平坦50km/h、高島まで25分かからなかった。皆んな強いので愉快だ。鵜川登るつもりで言っていたのだけれどリク普通に通過、巡航が50以上で車も多いので上がっていけず。あわちゃんとなんくるさんがどこかで千切れて、なんくるさんがはぐれてしまう。探しに戻ったのだけどまっすぐ行ったみたいで連絡が付いて再スタート。平坦55くらい出ているときあったからこれは普通無理!

 リクの1本引きが終わり、皆刺激を受けていたのでローテで上げ始めた。でも瞬間リクが前へ行って「高島駅からの市街地は危ないので安曇川まで40km/h巡航ぐらいでゆっくり移動しましょう。」と言う。40でゆっくりって。安曇川高校近くのセブンへ。なんくるさんは先に出るということなので追走する。安曇川の田んぼ地帯へ。登り基調を40から45でリクの先頭固定からローテ。安曇川の手前の平坦でボクがペースを上げたのをきっかけに活性化し4人になる。リク、E本くん先行、ボク、竜くんが追走。リクが独走に入りE本くんが降ってきた。僕ら二人につけず。登りで竜くんが千切れるがそのうちジョイント。登りでなんくる先生発見。最後は竜くんと同じペースで朽木まで行き14キロ終了。良い感じでリミッター外れている。

 朽木から花折まで登り基調20km。リクが先頭で朽木の橋まで。橋をわたってペースアップ。4本目のバナナ食いながら対応する。最初の登りで活性化、リク、E本くんが先行、竜くん、あわちゃん、ボクが追走。しばらくはあわちゃんと走りながらYしていた。あわちゃんがいっぱい。「ゲロ吐きそうです!」「オレに構わず寝ゲロ〜(逃げろ)」って感じなので追走開始し50m先の竜くんに追いつきローテ。先行し先頭固定する。E本くんが降ってきたがジョイントできず。二人で行くが上りに入り竜くんがどこかで千切れる。ひたすらマイペースだが特にマイナス的な感情もなく、無感情でけっこう良い感じに回せている。風に対応しながら川筋を登り、森を抜け、トンネル3つくぐって、スプリントして終わり。リクの4分遅れでゴール、20km ave.29。4分30遅れで竜くん、その6分遅れであわちゃん、E本くん足つり。イテテ。なんくる先生もゴール。

 ゆっくり下山して喋りながら帰還。ペース早かった。高島でなんくる先生探しに戻らなければ&下山ゆっくりしなければ、確実にアベ30超えている。リクはベルギーで強くなって帰ってきている。独走力が高い。荒れた路面での速度維持がうまくなっている。

 あ、ひょっとして、リクとこんなレベルで練習したのは初めてだ。やはり強い連中と練習すると殻を破りやすい。選手募集中です。



自転車ブログ ロードバイク
自転車ブログ 親子サイクリスト
にほんブログ村



にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村



0 Comments

Add your comment