FC2ブログ

ビワイチ名物ピザ屋ファンタジスタの「今を翔ける」日記

色々なスポーツサイクルに乗ったりピザ焼いたり。

龍谷大合同でつっきー金比羅20:40

 

このエスプレッソのレシピ登った後うみゃい。


 630ルモン今週は行かなかった。朝起きたんだけどDNS。Kさんとのバトルを楽しみにしていただけに残念。午前中にルモン帰りのターキーがやってきて美山のことでの「レースあるある」を面白おかしく話した。爆笑ウフフだ。


 昼前一緒に練習する約束してた龍谷大の上回生二人が来てくれていたので金比羅へ登りに行った。Nsibaくん36-23で登るというありえない脚所有してる。軽いギア使って本気で行ったら15分台だろうか。レース班マネージャのSくんは初めての金比羅どうでしたでしょうか?

 龍谷大体育会自転車競技部には今年17人(サイ班・レー班)も部員が入ったという。すごいね。自転車部の高校生も大学に行ってぜひ自転車部を続けてほしい。龍大サイ班といえば花背TTだが、今度一緒に参加させてほしいな。


今シーズンからツッキーをコーチする。

 さて金比羅をつっきーと二人で後ろから行った。ゲキ重タイヤを2年つけていたので前後で2kg軽くすると「なんかめっちゃ進むわ〜」と言った。バネ下重量4倍の法則から言えば、8kg軽量化に匹敵するのか。巨人の星の「大リーガー養成ギプス」であり。23:30からどうなるか。

 前半はゆっくり並走してフィッティングチェック、ここ1ヶ月足が伸びてフィッティングもずれているのでサドルが低すぎ登りのトルク効率が上がらない様子。登りに特化させるなら後退量も少なめにしてやりたい。まだ高体連規定の5センチは腰が引けてしまうので戻す。先行させ中盤で前を変わってペースメイクし、橋で15:30、なかなか。後半は好きなようにスパートさせてみた。「20分は切れへんな、22分台かな。好きなように行ってみ。」と言った。

 心肺余裕、「普通にしゃべっている」状態。前半の平均心拍が180bpm、max 190bpmにしかすぎない。つっきーは180bpmで81%/maxbpm、190bpmで86%/maxbpmだから平均でL4下限、マックスでL4上あたりでVO2maxにも入っていない。最大心拍220bpm。リクもそうだが安静時心拍が40台であり遺伝的に常人よ心臓がとても大きい。

 心肺能力が高い高回転パワー型エンジンなのでよく回る。それだけにペダリング技術が重要である。このくらいの年代だとカラの大きい子はトルクで踏めば雑であっても平坦などは速いが、どこかでペダリングに気づかないと大人になってからは速くはならない。その点体の小さな子や女子はトルクに劣る分F1エンジンのような滑らかなペダリングをするようになる。伸びしろが大きい。

子供にあまり激坂を登らせてはいけない。

 精度の高い高ケイデンスパワー型ペダリングの回転力で登る分には何の問題もない。勾配変化には、ケイデンス調整と微妙な荷重移動で対応する技術を教える。

橋からの激坂が「めちゃくちゃ」速くて驚いた。

 大げさでも親バカでもなんでもなく一緒に登ってみたら客観的にわかる。数学的に整合性がある。伊吹山60分切れないレベルは激坂区間でまずついていけない。後輪接地圧の制御をしながら駆動伝達効率を高止まりさせてトルクを入れるのが上手い。

そう、つっきーの短距離+激坂の登りは・・・普通のホビーの大人より速い。

たった210Wから245W程度に過ぎないのだが、2〜3分出すと・・・あら不思議

登山ポスト前でターキー(17分台の人)にカメラ渡して「最後のとこ上から撮ってね」って言ったのだが、つっきーの川沿いから最後の激坂が速すぎて先行組に追いついてしまい撮影が間に合わなかったという。

心拍200bpm(Max90%)で回しまくり
上がり1.5ハロンを驚異のタイムでまとめて3分更新の20:40
ありえないものを見た。

クライマーというより激軽パンチャーだ。


体重で割り算してみると出るのがクライマーの大好物「パワーウェイトレシオ」

245W / 70kg = 3.5w/kg  って感じ。短距離で 4w/kg以下はBBAレベル

245W / 35kg = 7w/kg   って感じ。2分〜3分7w/kg出せる?

ローラーで490W3分できる?

二人とも20:40でフィニッシュしたがGPSエラー・・残念すぎる。

 今年になって初めて足をつかずに登れたのが、ひと月前23:30、「こりゃソロソロガーミン付けないともったいないな」と思わせる登り方をしだした。今日足回りとギアを決めていきなり20:40とはすごい。ペダリング精度と回転力でもっと良くなる。そして平均勾配6%の緩斜面へ行けば平坦みたいに「走れる」165W、1時間でOKだが筋持久力が低いのでまだまだ無理はできないだろう。

tukito.png 


この状態を作るのに6年かかった。だがターゲットはもっともっと上

いつか乗鞍兄弟対決で決着をつけるんだろう。





自転車ブログ ロードバイク
自転車ブログ 親子サイクリスト
にほんブログ村



にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村



0 Comments

Add your comment