FC2ブログ

ビワイチ名物ピザ屋ファンタジスタの「今を翔ける」日記

色々なスポーツサイクルに乗ったりピザ焼いたり。

ヒルクライムについての情報交換



生徒に問題出された。一瞬。いやだいやだ。



2階の家具移動、1階にホワイトボードを下ろした。

メモ書き、設計図、英語、原稿、画伯などホワイトボードって好き



「けふはやむごとなきことありて臨時休業をとりなむ。東国へわたりけり。」草津へ行く予定となるところ変更。


14時から英語を教えた。2時間日本語で喋る。2時間半英語で話す。


本動詞を「ガチ動詞」、準動詞を「にわか動詞」など、天才すぎて笑いが止まらない。

こういう人は頭柔らかいので早い。芽が出るためには柔らかくなければならないから。




そうこうしていると某大学自転車部のあのバイクの人からマリナーラ1枚のオーダー入る。


入り口の7%をスプリントしてKOMをとられた。5秒更新。そのタイムはまず抜かれまい。(´Д` )gkbr

入り口のKOMとった人には次回エスプレッソ進呈




大学生、高校生、おっさんの3人でいろいろ話す。自転車談義、受験談義とあいなる。大学生に話を聴けるとはちょうどよかった。


高校生帰宅しそして話は自転車へ。

花背だ。

「花背ってどうやってタイム出すんだろうね」って話題で花咲く。


わたくしとは次元が違う早さの人だからターゲットは20分くらいってことで比較にならない。

でもリクが19分台だからどうなってそうなったかそのあたりは惜しげなく教えることができる。


昔ギアを教えた話とか。


ギアは無線をつけて変速するタイミングを教えていた。普通よりずっと早いタイミング。そして次のギアの回転に合わせてシフトアップすること。ガギグゲゴだめ。

昔カートのエンジニアによく言われたこと

「『グググっ』とトルクを感じた時にはもうおいしいところは終わってるよ。」

要するに、ゴイゴイ漕いでしんどいのはもうパワー曲線は落ちてるけれど人間はパワー絞り出していると勘違いしてる。


かえるさん走法

Posted by 瀧山 純平 on 2016年2月26日



 高ケイデンスパワー型ならもっと回るところをビュンビュン回さないといけないのだが、そう考えると20分4W/kgの人(けっこう速い)ならコンパクトでも微妙に34の17, 18, 19, 21っておいしいクロスを使えないで25固定などで登っている可能性。一方トルク型でグリグリ行く豪脚な人ならあまり関係ないかも。



 カートってギア1枚の直結、つまりはピスト、これを延々やっていたから。8000rpm〜20000rpm弱までギア1枚で走るから基本は常用使用域が広い人が早い。高校生が1年くらいで登りでもそこそこ早くなるのは競輪場でトラック教えてもらうからって気がする。僕らのリアのフリーって便利だから適当に楽してしまう癖がつくのかな。

というわけでピスト乗りたいけどないから自分の足というピストで走っとくことにした。

ポイントは機材変更じゃなく。

股関節の可動域とかひざ関節の柔らかさとか出来ることはいろいろある。

あと深酒飲まない、脂っこいものは取らない。

今年はそろそろ花背へ行こうかな。

どん底からのスタートかも。。←ショボい


自転車ブログ ロードバイク
自転車ブログ 親子サイクリスト
にほんブログ村



にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村



0 Comments

Add your comment