FC2ブログ

ビワイチ名物ピザ屋ファンタジスタの「今を翔ける」日記

色々なスポーツサイクルに乗ったりピザ焼いたり。

壁ウィズスニーカー

天気微妙、今日はローラー回復走かな。


業務連絡、チェーンが切れて・なんちゃらかんちゃら。輪行でもってきたので直し方を教えてあげて。




こうなった模様。シュールだ。

カラララララララ、カラララララララ


昨夜、練習後チェーンが切れてテンション上がり、下りで「うおー!」言いながらチェーン振り回しながら空走しているとハンドルに巻きついてどっかいったらしい。思いっきりハンドルがチェーンオイルで汚れとるし。




お先どうぞ。今日は回復日、高強度やらないから。

 L3で超ゆっくり登ってみた。激坂区間に入るとさすがにL4下まではしょうがない。上の方に見えていた先行だがしっかりと登っていった。後ろ姿にとても違和感を感じた。どこかでとまるかなとも思っていた。っていうのは初めてで足つきせずには無理だろう。

 意外や意外、最後まで見なかっただ30%のところでビンディング外れてしまったみたい。それでもタイムは23分くらい。この走りで花背30分は遅すぎる。驚きとともにその理由を考えてみた。

理由がわかった。

トラクション効率が高止まりする状況でクリートを深くしたのと同じ効果があり、踏み抜いてもペダルが回る超低ケイデンスでのみ安定する。

踏み抜いてこねてトルクを出している。だから最大勾配部で外れたのだろう。逆にここまではそれで足つきすることなく登れていたってことでもある。それはそれで凄い。

このことから彼のとても珍しいケースの発言 「ボクは最後のところシッティングの方がええわ」も整合性がある。ただ、普通のケースの場合は絶対そうならない。

普通の環境で走る際はコンロッドベアリングが終わったエンジンのレーシングカート乗ってる状態だからロスが大きい。おそらく出せるトルクの多くが逃げて伝わっていない。回転も上がらない。

足のサイズが30センチだからありえるやりかただ。

いっそ、裸足で乗ったらどお?ペダル軸を指ではさんでグルグル回すとか。




止まるようなスピードを楽しみながらバランスでじわじわ登った。

ゆっくり登っていたら最後のところで追いついた。

31分 NP179W / ケイデンス37 / 平均スピード4.7km・h / 平均心拍125(67%)

どお?5km・h以下で足つきせずに有酸素で平均有酸素で登れてるね。

走りが出来上がってから洗練されたTTしてみたい。


自転車ブログ ロードバイク
自転車ブログ 親子サイクリスト
にほんブログ村



にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村



0 Comments

Add your comment