FC2ブログ

ビワイチ名物ピザ屋ファンタジスタの「今を翔ける」日記

色々なスポーツサイクルに乗ったりピザ焼いたり。

明日はマジリング

自転車の世界にはスライドという言葉がある。
 

 1980年代の琵琶湖はウィンドサーフィンで足の踏み場もなく浜に人も多かったのでウィンドをやっていた方とどこかで、たとえば新海浜やワニ浜ですれ違っていたことがあったとしても覚えていない。浜はビキニの女の人でいっぱいだった。今じゃウィンドは減ったのでたまに乗ったりすると特別目立つ存在だ。


 1980年代はロードレーサーブームでもあった。昔から何かあるとオヤジは変わったハンドルの自転車を買ってきてくれた。本格的なロードレーサーを志願して買ってもらったのは中学の終わりの頃。「これで遠くへ行ったらおもろいやろ。通学もこれでしたらええ。」とオヤジは言った。ベルさんでクロモリチューブラーを組んでもらった。「これ明日になったら乾いてるからな」って。練習にも誘われたが一人で走るのが好きで第一回アイアンマンの時には湖西の方まで試走の人が走ってきてつられてヤスの方まで走って行ったらすれ違う人皆がピースサインをしてくれた。みんな短パンランニングシャツでヘルメットかぶっている人は一人もいなかったかなあ。

 高校のあるときにそのロードレーサーは盗まれてしまって、それがあって店に行かなくなってしまった。あのバイクのいろいろな部分はとても覚えている。めんどくさがってトークリップをはめないで通学していて曲がるときにクリップが地面に擦れるジャリじゃりいう音とか、飴色のブラケットカバーがネトネトになってきて手を離すときにネトっとする感触とか。膝で蹴って変速しようとして刺さってジンジンしたときとか。夏休みは水泳部の練習に比叡山高校まで走っていった。女子部員とマネージャーが 「かっこいい」と言った。でも女子マネージャーはいつもセックスしてほしそうな目をするので嫌いだった。

 一番覚えているのは下校時に下向いて坂を登っていたら路肩に置いてた友達のお父さんのダンプに気づかずにデコでぶつかって1秒で停まって星が出たこと。あらゆることを覚えているのに罪悪感から記憶の底に封印したダウンチューブのロゴだけは思い出せない。知っている人がいれば教えて欲しい。あのバイクにもう一回だけでいいから乗りたい。記憶の残像は時とともに鮮明になる。

 ヒルクライムレースに行くといつもレース中に出会う人というのがいる。年代別のスタート時間の関係とか登っているスピードとかできまるのだろう。その中にとても小さな体で独特のペダリングをして登る猪熊じころうみたいなおっちゃんがいる。滋賀県の店っていうのは知ってるんだ。湖東の方へはとんと行かないから。迷子になるから誰か東の山を教えて欲しい。


 高校の時の同級生、草津のYから電話があった。たぶん1998年1月13日土曜日の昼12時50分くらい。翌年から出るカート地方選手権近畿ブロック初戦のレースにあわせて堺カートランドで練習走行をしていた日の昼休み終了間際だった。「お前の家の近くにフェラーリ見にきてるねん、ほら宝池通にあるやろ。今日家いる?」「市販車のフェラーリは興味ないし」ってイライラして昼のセッション間際ですぐに切ってしまった。次に電話がかかてきたのは去年、「なにしとんねん」「え、蓬莱でいろいろ」「いまから行くわ」1時間後コルナゴC60でですいとやってきた。あの電話のあと数年してロードを始めたらしい。あのときフェラーリの話じゃなくてコルナゴの話なら人生変わってたかも。

 「俺は高校の時お前に影響を受けてアメリカ行ったりヘリコプターの免許取りに行ったらして・・・なにやってるかと思ったらこんなおもろい場所作って猫飼ってロードバイク乗ってるらしいやんけ!やられたわ、これが俺の理想やねん。」「二階で(-_-)゜zzz…てるんか?」「変なもんいろいろつくってるなあ。」

「俺お前とまったくおなじことやってる人知ってるから今度連れて行くわ」

「おー、ええ女やったらセクロクロスフレンドに紹介してくれ」




軽トラにこるにゃごワールドカップ積んでやってきた。





シクロクロスフレンド、坂ロクロスフレンドかよ。


自転車ブログ ロードバイク
自転車ブログ 親子サイクリスト
にほんブログ村



にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村



0 Comments

Add your comment