FC2ブログ

ビワイチ名物ピザ屋ファンタジスタの「今を翔ける」日記

色々なスポーツサイクルに乗ったりピザ焼いたり。

Pizza Ride 5



朝は苦手だとうぃくんは言う。夜も寝とるけど。




早起きして風呂入ってマッサージしてPizza一枚焼いて食べていたらワラワラとサイクリストが。




今日は登る日にした。3往復2hほどで1000m登れるというコスパの良さ。




たくさん来てくれた。登りやる日に。




朝日がここを照らすのでこうなる。

実際に見るとビビるほどの赤さ。

 さてライドの方はというと、普段は長い部分は4W/kg、短い部分は5W/kgくらいで登って、平坦はクリスクロスな感じでバーっと上げて走るんだけど、今日は3W/kgくらいからいったものの...楽しめた人とそうでない人にわかれたかな。でも、辛い中にも登った後の笑顔、これは登った人へのご褒美。爽やかな男たちの笑顔。

 登りは脚質もあるからそれぞれ。適当にしゃべったり景色見たりしながらグルペットって感じだった。けども普段登ってない人は3W/kgくらい。それは40km/h巡行の着き位置くらいの出力。登り慣れてくるとドンドン楽になってくる、それがクライミングの不思議。

 登りの楽しさはポジションとか、自分のFTPとかSSTとか乳酸閾値がわかってくるとハマるのだが、自分より少しでも早い人についていこうとして破綻すると楽しいライドも鬼の練習会になってしまうので注意ですぞ。... 心拍ベースだと80%から90%をいったりきたりしながら有酸素で登っているとドンドン早くなっていくのだが、追い込みすぎると無酸素入って辛いだけ。少し手前で抑えるやり方と、限界超えてやって早くなる人もいる。どっち?ヒルクライムは全部無酸素でやるものじゃない。SST(喋れるぐらいの強度)をキープすることによってFTP周辺の機能を改善する。

「喋って登ってPIzza食べて痩せてまた早くなって」っていう「心技体」それが PIzza Rideの趣旨


登りで楽しいドーパミンが出るようになるのはかなりのドMの人。

その先にあるのは人それぞれ。もしあっち系なら。競技志向の人にはひどく孤独な世界が待っている。とても美しい世界。厳密で妥協の余地のない数学と物理学の世界。

Pizza食べて走って10番以内の表彰状もらってきてくれた人が出てきてこそやっとこさこのPizzaが本物だったってことになる。「お前のPizza食べて走ってたら太ってしもた。」だと残念クオリティ。がんばる。






今日は蜂蜜Pizzaがライド後に出ました。

これは生き返るわ。

お金ない人試食を食べにきなさい。


そして色々なおしゃべりタイムからの...


ドMが二人いた。もう一回行くらしい。すごい!でご一緒した。

繰り返し15〜18%の短い坂でテストする二人 ... ドドドMだ。




こいついつもここにいる。




仲間の中のコンタドール的な人を目標にしているが悩み中ってことでゴニョゴニョしてやった。

りくと同い年で来年受験、早くなりたいなら週一回自走で英語のカテキョにきなさい!京産大とか龍谷とか入るよ。





自走で帰る人にはカットしてパックすることもできるので。

遊んだ後は奥さんへの貢物。これサイクリストの基本中の基本。

日々こうやって嫁を食い物でつることでいざという時にパーツが買えるのである。ww




シクロクロスお疲れでした。桂川ヌトヌト状態なり。





からの、つっきーと金比羅ヒルクライムにPizza生地の水汲みに。

つっきー、惜しかった。もうちょっとでラストまで登れた。

ついでに上でリピートクライム5本ほどやったつっきー

ラストのとこ2回登っといた。


30kmほど走って獲得標高1500mなファンタジスタ

坂は出会いだ!ナイスガイたちの笑顔。ワイワイガヤガヤが山に響いた冬の朝。


自転車ブログ ロードバイク
自転車ブログ 親子サイクリスト
にほんブログ村



にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村



0 Comments

Add your comment