FC2ブログ

ビワイチ名物ピザ屋ファンタジスタの「今を翔ける」日記

色々なスポーツサイクルに乗ったりピザ焼いたり。

FESTIVE500:最終日

メテオランチ / 205km / 522TSS / 3883kj







最後に200kmほど足りない。色々走って500kmちょうどでフィニッシュ、最後は雨ザーザー





ビワイチ150km / 295TSS / 2456kj

 天候回復の方向。早めに寝て1:00に起きる。生地を練って1時発酵させ丸めて2時発酵の間にビワイチ、4時出発北へ。時計回り。無風、路面快適、ウェアはとても暖かく下山ウェアで走りだす。調整用のウェア類はリュックへ。トロトロ白髭へ。くるくる今津へ。長いストレートが気持ち良い。ストレートコンビニ休憩。おじさんに声をかけられる。海津大崎で7時になるという超スローペース。永原から303へ、トンネルまでの登りで4watt/kg、西浅井からスローペース南下、通行止めの賤ヶ岳だがどうせ雪はないので登った。山頂のトンネル賤ヶ嶽隧道... ここは良い場所ではない。とても悪い気配を感じる。いつもいつも。豊臣と柴田の古戦場だからか?横へ入ったとこに首切り地蔵もあるよ。長浜9時。暖かくなってきたので上下1枚脱ぐ。シャカシャカを脱ぐとスピードが上がりここからは30km/h巡行、ave.27あたりでたんたんと彦根へ。彦根のスタバで休憩。結構食べてジャズを聴いてまったり休憩。彦根から近江八幡まで30km/h少し超える速度にあげる。長命寺を反対からサイクリングし守山、琵琶湖大橋を渡り北上、1時帰還、IF0.6程度のゆっくり有酸素だったので特に何もなし。体ふつう、筋肉プルプル。





途中越え八瀬 / 50km / 173TSS / 955kj

 お店が済んでいろいろしていると京都からこだわりの男が現れた。雨の中ヌボーっと。山中越えTTですぜ、この大晦日に。コタツに着陸し首まで潜行。復活の呪文。pizzaはプロシュットチーズ多め。おそらくコールドハンガーノック寸前。冬は体温維持するのにたくさんカロリー使う。大晦日割引適応。ここに来ないと年が越せないらしく。買い被られたものだ。気温低く雨ザーザーなのでホットクリームを貸してやり、店にメッセージボード出して京都まで同行するつながらない系の二人。日赤坂前に出したら5watt/kgでちぎれかけた。強なってる。ってことで、途中町の登りをフルームからのコンタドールで行ったら逸れてしまったが、KYな二人なのでそのまま県境へ。そして先に下った人が踏んでしまうとサヨナラなのだ。合流して踏み直し。八瀬でコーヒー飲んでリターン、途中ハンガーノックになりかけた。最後長い坂をフルに踏んだらまだ525Wもでた。





金比羅水ヒルクライム / 5km / 53.9TSS / 272kj

 ちょうど4キロ足りないという巡り合わせ。最後は裏山2km平均勾配17%で〆ることにする。0℃雨だけど薄着で行く。冬のヒルクライムの問題は登り下りではない。ヒルクライムコースへの行き帰りが最大の問題だ。登りはかなり暑くなるし下山は冷えてもごく短時間。その後の家路が問題。売り切れた足で汗冷えしながら帰るとリカバリーできない。うちはすぐに暖まれるから真冬でも問題ナッシング。雪がないと真冬でもヒルクライムできるのが利点。1年中高強度で登るから皆ん速くなる。NP161W / 20分176Wで超まったり登って最後の25%だけ気持ち良くフルもがき。508Wまだ出た。この山は凛として神聖だ。夜ライトなしで月明かりで歩くこともあるが怖くもなんともない。暗闇の中でしばらくボーッとして杉の間から月を見るのが好きだ。ここらの猿や鹿には知られた存在、生まれた頃から大体は見てきているのでオ動物の間ではヌシとして一目置かれているような気もしないでもない。この山に一番よく来る存在。山に許されている感じがして夜登っても何も悪い気を感じない。この山とても神聖なパワースポットなのだが京都御所から遠すぎた。


これだけ走ってとても良いコンディション。足つり無縁。ポジションも良い感じ。

距離は500kmギリギリだが、獲得標高6707m



自転車ブログ ロードバイク
自転車ブログ 親子サイクリスト
にほんブログ村



にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村



0 Comments

Add your comment