FC2ブログ

ビワイチ名物ピザ屋ファンタジスタの「今を翔ける」日記

色々なスポーツサイクルに乗ったりピザ焼いたり。

伊吹山リザルト、レースマネージメントについて。

伊吹山ヒルクライムのリザルトが出ました。

 花粉症と体調不良で3週間半寝込んだ後、一切バイクにまたがらずの「とりあえずいってきまレース。で、過去最低レベルリザルト、2012年膝を壊していた年の乗鞍80分くらい言い訳できないタイムだったのでショック大、反省×5watt/kgだったけれど得るものが多かった。「得るもの」と「リザルト残さない権利」の天秤で結局エントリー代もったいなさに屈して走りに行った。上を目指す人なら敢えてDNSもありだろう。でも、走るとそれはそれで機材テストは有意義だったし、全身の痛覚を刺激されてすっきりした。で前に進むのみ。

「飛び上がる前には落ちるもの」受験生にはそう言ってきたがこれは本当だ。

積み上げだけではいけない。壊すことが重要である。自分を壊す。小さなピラミッドのベースでは頂上は知れている。だから思い切って壊さないといけない。


・・・それとは全く別の意味で単純に体が壊れておりました。。


ギリシャショック並みに。。


fantasista_2015-04-14-22-07-00 (1)

また要らぬものを作ってしまった。。。

このニュースはブルームバーグがソースで本当の話・・・話をリターン



「ヒルクライムの朝の最終軽量って難しい」問題には私的答えがあるのだが、並んでる並んでる。自分は前日に消化の遅い炭水化物を食べない。消化の早い肉を食う。今回のショートコースの消費カロリーは522C、アップを入れても1000C行かないのでカーボロードは必要無い。

それから、ヒルクライム地には温泉がありレース後、「温泉入って食べて」ってのが普通はあるだろうが実はあまり興味ない。時間を置いてから食べて入浴しないと血中乳酸値が下がらないので後からドッと疲労が回ってしまう。今回は車で行ったがレース後食事を取らなかったのでレースのままの体の感覚を楽しみながら眠くもならずシャープな頭のまま帰ってこれた。



「準備から帰るまでの全てがレースマネージメント、本質を外さずそれを寸分違わずやっていれば結果は自ずと後から付いてくるもの。」と子どもには教えている。



fantasista_2006-07-26-14-00-09.jpg

親父はレースで結果を残そうともがいて見せているが、むしろレースの本場ヨーロッパで学んだレースマネージメントを本気の子どもたちや周りのリアル系の人に見せている。厳しいが本気ならあのやり方以外にないと思う。「日本流仲良しごっこ」は真の意味でのレースではない。(ただエンジョイグランフォンドなサイクリストに押し付けはしない。)その辺り知っているのは自分の周りには千穂さんを除いてはたった一人しかいない。



fantasista_2006-07-27-17-12-17.jpg

気温40℃を超えた夏のオーストリーにて懐かしい写真♪

「なあ、一生に一回で良いから俺を日本に連れて行ってくれよ。」

「フランコ、じゃあ、変わろうか?俺がイタリアに住むから。」

って話しているの図(笑)


 りくの高校の遠征の話を聞いていると、新顧問の引率先生(素人さん)はその辺りを知らない。当たり前だが英語教師のバーチャルさ加減、嘘っぱちに嫌気がさしてヨーロッパのレースに飛び込んだ自分のようなのは教師でも変り種だ。「レースの時に付いてきてほしい」と言われている。が、本気になって良い人へは自分はクールだ。自分のやり方はうちの親父と同じで99人潰しても一人残すやり方だ。ダイヤモンドかどうかは軽く叩いたくらいでは分からない。


ヒルクライムは決勝日にコンディションを合わせることが難しい。

3日続けて同じコースをヒルクライムしてみるとわかるが、自分は3日目にはは慣れてタイムが5分もあがってしまったりする。これはレース向きではない。1回目に一番タイムを出さないといけない。

レーシングカートでも同じ。これができないから全日本でもヨーロッパでもソコソコではあるがトップを取れなかったのだ。


さてリクがDNSした男子Aのリザルトを去年のロングコース比較でパワープロフィールの1年間の成長を加味してEMA(加重移動平均)分析してみると・・・まずまず良い感じだっただろう。

*加重移動平均とは単純移動平均とは異なり近いデータに重きを置いたムービングアベレージ。伸び代が大きい若い人や受験生はこういう風に見ないといけない。例えば、大学受験で言えば、5月の模試の結果で夏前に面談しても伸びている人には意味がない。とかね。


 同じ分析を自分にしてみると伸び代がないので分析が簡単だという悲しい事実。パラドキシカルに言えば、すんなりいけてれば実は調子は良かったのだろうとわかった。状態から考えるともっと遅くなくてはいけない。30Wさがった状態が去年並みより0.5km/h遅いくらいだから。

なんて楽観的なのだろう。


今週は八ヶ岳遠征、伊吹山の罰ゲーム、お仕置きを考えないといけない。

url.jpg

あれって、自転車で走るんだよねwww


どん底から這い上がれるか。モチベーションマックスだ。

自転車ブログ ロードバイク
自転車ブログ 親子サイクリスト
にほんブログ村



にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村



0 Comments

Add your comment