FC2ブログ

ビワイチ名物ピザ屋ファンタジスタの「今を翔ける」日記

色々なスポーツサイクルに乗ったりピザ焼いたり。

春用グローグ

ロードバイクに乗るときに必要なグローブって難しい、オールシーズン乗るなら。特にサマー、ウィンターよりスプリング、フォール

夏用グローブ、指なし:(気温20℃以上)
 これは春から秋の日中に使える。

冬用グローブ、厚いもの:(サブゼロ〜5℃用、2℃から15℃以下用)
 これは関西なら10月中旬あたりから3月中旬まで

春・秋用グローブ、中間(夏の早朝 .etc):10℃〜20℃以下用

難しいのが、春や秋口の朝や夕方、夜のライド、指なしだと寒し、冬用だと暑い。この空白のエリアを埋めるチャートを作成することができるかどうかが出来るライダーかどうかの分かれ道なのだよ。

 また、練習なら、早朝に出発して暖かくなっていく方向なのか、昼以降に出発して温度が下がる方向なのか、不安定な天気で雨になって冷える可能性があるのか。シクロクロスや短いレースなら負荷が高いし終了後すぐに対応できるので指のグリップ重視で上の表記よりずっと低くても良い。5℃くらいでも指なしで走ることもあり。結構深い話で、毎度のことながら話が長くなってしまう。

 でも、大気温や路面温度が低く日が陰ると一気に冷え込む春先や秋口など、思ったより寒くなり指先の毛細血管から冷えると体を冷やしてパフォーマンスが落ちてしまったり、指が冷えてブレーキ操作が怪しくなったりするので考えて考え過ぎということはない。グローブは友達。


You cannot be too careful in choosing your riding gloves.



そんな時期には軍手系だね。おしゃれ軍手なら尚良い。

fantasista_2015-03-10-10-27-55.jpg


雨だとキツイけど。雨の場合はネオプレーン系の防水のやつが良い。中学の時カラー軍手の紫色は禁止だった。茶色や黄色よくてなぜだったのだろう。頭髪は茶色も黄色も紫も禁止だったのに、あはて?



ヒルクライムで走っていてどんどん寒くなっていったという経験とか。つい最近。。

プロの場合山頂からサポートカーで降りるのだがアマチュアは毎度下りがあります。15℃でも雨の中20分も下りているとガタガタガタ、ブルブルブル(笑)少し暑いグローブや、ヘッドキャップ、バフを背中のポケットに入れておくのが好い。




Tirreno-Adriatico 2015 Stage 5 テルミニッロ

にしてもこれはすごい。
自転車ブログ ロードバイク
自転車ブログ 親子サイクリスト
にほんブログ村



にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村



0 Comments

Add your comment