FC2ブログ

ビワイチ名物ピザ屋ファンタジスタの「今を翔ける」日記

色々なスポーツサイクルに乗ったりピザ焼いたり。

STRAVAデータから見るパワープロフィール


STRAVA


 ストラバ面白い。楽。ストラバはツイッターみたいなもので興味のある人をフォローするゆるい感じがよさげだ。

 自動でセクターが切られプロフィールから推定の区間パワーデータが表示される。


 この手のものはバリバリ参加する方じゃないが何人かの人をフォローしている。外国の人もフォローすることができるのでその辺りが面白い。


 Instagramと連携できるので写真がアクティビティに付加される。

 STRAVAデータ上のイベント、Festive 500の時にはインスタで撮った写真に#festive 500と入れておくと同じ参加者がどんどん写真をあげてくるので面白かった。


マイナス10℃以下でもアイスバーンをシクロクロスやMTBでガンガン走っている東欧の方の人などにはやる気を起こされた。2℃や-4℃で「寒い」とか言っている自分はダメダメ。チェコ人に言われた。

「雪、雨だから、寒いからこそ面白い。それがサイクリングの楽しさよ。」

世の中にはすごい人がいるもんだ。Think different だ。

そう。そもそも風雨が嫌なら車乗っとけって話。




そこで、いつもグダグダな自分のモチベーションをアップするような外国の人、東欧のお兄さんをフォローしてみた。

screenshot_10.jpg


なんか若いお兄さんみたいだけど、サイクリングの仲間たちとスペインまで行ってすごい距離を走ったみたい。250kmとか!獲得標高5100mとか!


screenshot_16_20150303192732b9f.jpg

Ave. 38.9km/hか、たまにブログとかで「巡航40以上で走って〜」とかって言ってるおじさんがいるけど・・そんな感じの強い人みたい。


パワーは240Wってことはぼくと同じくらいか〜。ちまたのE3パイセンには負けるかもね。


名前は、マイケルなんとか、ヨーロッパ読みだからミハエル?ミカエルかミハル、ミカル?・・・スキー?



「スキー」とか「コフ」とか「ネン」とか「ネフ」とか「ノーバ」とか「スカヤ」とか最近多いよね〜



ク、ク、ク、クウィア・・・・



トコ・・・フ・・・・・スキー?









ここまでは一応ネタと述べておく。一応言っとかないと指摘されるとクマリンコになるから。(笑)

「人のパワーデータ見たら負けん気出す人が多く・・・無意識に自分と比較した人おるやろ。アカンよ!この人は。」このブログのネタは罠も多いネン。

と、パワーメーター流行に警鐘を鳴らす。



すべからず時間と回数を掛け算しないとね。



screenshot_15_201503031927300b8.jpg

ここからは真面目に。。m_ _m

 パワーデータの上下が激しいのはメーターの仕様かもしれないと前置きして。

 マウス位置はラスト7kmのアタックの場面だと思うが6時間以上走ってきて900W以上出ている。アナウンサーは動画で「ギャンブル」って言っているがコーナーとトンネルの死角を狙った。恐らくは下に記す強烈な2回のインターバルから逆算したポイントがここで、コースのパワープロフィールから逆算して自分の距離で完璧に仕掛けた。


ここから600wattから700wattを上限くらいにして下りに入るまでは踏み続け、下りはコーナーでレスト(80km/h以上)もう一回1000wattまで踏んでからはまた踏みなおし維持してゴール。

1000Wから / レスト / L5, L6, L7インターバルー下りL4, L5
1000Wから / L5, L6インターバルー810Wゴール

オソロシイ。素人目にはただ爆走しているようにしか見えないが、実はすごく複雑で高度なマネージメントをしている。

前回、陸上のアリソンフェリックスの時にも書いたが、一流のプロの違いは「初期加速力」ではなく「維持力」と「減速度防止力」だろう。陸上のスプリンターやマラソンと違うのは250km走ってきてこれをやる点。


欧州プロは乗り方が違う。臀筋から背中側を使って温存して走る。



レースとしてはもっとも危険な場所で勝負を賭けたという点で感動した。





ラスト7kmの独走を決めたクフィアトコフスキーの勝因は? UCIロード世界選手権を徹底検証 - Cyclist.sanspo.com


Pro bike: Michal Kwiatkowski's Specialized S-Works Tarmac

Michal Kwiatkowski’s worlds-winning power

L4とかL5とか言ってもホビーとはまったく次元が違う点は

FTP400Wオーバー


screenshot_17_20150304103120766.jpg


車に例えるなら F1人間だが、F1と違う点はこんなすごいデータを公開したところで誰も真似できないって点。(笑)

これがプロのレベル。

で、このクフィアトコフスキーが乗鞍を登ったら、FTP404で50分30秒、ただこれは250km走って取得したロードレースのパワーデータだから、サラ脚で温泉入って20kmだけ、プラス隊列効果なら・・・46分くらいかも。。。

自転車ブログ ロードバイク
自転車ブログ 親子サイクリスト
にほんブログ村



にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村



0 Comments

Add your comment