FC2ブログ

ビワイチ名物ピザ屋ファンタジスタの「今を翔ける」日記

色々なスポーツサイクルに乗ったりピザ焼いたり。

KOGA KIMERA フルメンテコンポ載せ替え No.1

KOGA KIMERAの数少ない情報、の中でも1Kはレアかも。消す前に読んでね(笑)


fantasista_2015-01-25-02-21-26.jpg
ファン待望、拡大すると実物大うぃくん

迷っているなら買え!!


fantasista_2015-01-25-03-05-02.jpg


なぜかマイナー視されているKOGA、オランダのバイクだ。


カートレースでフランスに行ったついでにオランダに寄ってついでにベルギー行った時の写真。

という地理感覚

fantasista_2007-03-28-22-35-09.jpg
アムステルダムゴッホミュージアム前


 オランダは平均身長が高くトラック競技が盛んなこともあってか、「ガチガチ質実剛健」と言われるが、カートレースで少しベネルクスの印象があり、アムステルダムの夜を闊歩したこともある自分にとっては、オランダとかオランダ人は「自由な発想」「エポックメイキング」「中性的」「妥協的」「ダサイ」「たまにエレガント」という全く異なる印象だ。アムステルダムなんて多国籍な感じで何人かわからない。自分ですらダメリカ人に切符の買い方を尋ねられるしまつだ。カートのフレームもオランダのは面白い作りをしてあった。「質実剛健」はおとなりのドイツって感じがする。そもそも自分はオランダという小国を全く理解していない。

イック ベン ヤポンス


 2011年に買っていくつものヒルクライムでベストタイムを出したキメラ、実は自分のヒルクライムのベストはメテオランチではなくてほとんどのコースでKIMERAなのだ。例えば2011年乗鞍、スタート前、後輪パンクし捨てるために持っていた中古のビットリアラリー(2500円)を5分でつけて登り15分台。そのくらいよく登るバイクだ。最近乗ってなかったKOGA KIMERAをフルメンテして組み直した。

うんこタイヤの中古ってうんこスペック以下だからなんて表現したらいいかわからない。

It's under Unko quality beyond description. (うんk以下すぎて筆舌に尽くしがたい。)

ババだ、ババ!


スラムレッド+FFWRD F2Rで6.2kgだった、フロント1枚なら5キロ台まで行ってしまう軽量KIMERA Team 1k(塗装を省いてないのに凄い!!)だったが、「いつかシマノで走らせてあげたい。」って思っていた。ってことで今年はこいつをシマノ6800アルテグラミックスで組んで精進する。


まずはフレームの洗浄とチェックだが、ありえない、恐ろしいほど綺麗でびっくりコンコンコン。

鈴鹿4時間などエンヂューロいろいろ、ヒルクライムいろいろ、沖縄210kmなど、雨でも関係なく乗っていたのであるが・・・


fantasista_2015-01-25-02-45-02.jpg
fantasista_2015-01-25-02-24-01.jpg
fantasista_2015-01-25-02-24-12.jpg
fantasista_2015-01-25-02-43-49.jpg
fantasista_2015-01-25-02-46-22.jpg

小傷くらいしかついていないという・・・

fantasista_2015-01-25-02-52-13.jpg
fantasista_2015-01-25-02-50-56.jpg
fantasista_2015-01-25-02-51-16.jpg
fantasista_2015-01-25-02-47-02.jpg
fantasista_2015-01-25-02-47-43.jpg
fantasista_2015-01-25-02-50-29.jpg
fantasista_2015-01-25-03-00-56.jpg

気になる場所もあら不思議、さすがの1Kカーボンだ。扱いはどちらかというと乱暴、ガシガシ使う、なのにこれ。

細部を見ているとつくづくKOGAの思想を感じる。「行き過ぎた軽量化競争には不参加表明」だから使いやすい。さすがオランダ人。


ケーブルの内装処理も、xxxラxズドのようなただ穴プスっとあけてプラスチックで止めるようなしょうもないやつではなく、リアは全部バッチリガイドさんなのでサクッと通る。これけずって100g稼ごうというセコさ一切なし。

しかもリアブレーキは内装。シフトワイヤーは一部内装でしっかり固定、ダウンチューブ下は出ているのでメンテ簡単、引きも軽い!

チェーン側のアルミプレートもこれ省略して10グラム稼ごうというセコさ一切なし。おかげで助かってた。


もっと言わせてもらうとどこを押しても凹まない。

ま、当たり前のことだが・・・


ペコペコ凹むフレームなんてうつ病のミドリムシと同じで防御能力ゼロだ。





fantasista_2015-01-25-02-53-41.jpg

ヘッドなんてこの通り!!!

「Netherland(オランダ)1974」なんてなかなかないよね。

ロゴマークの背中が水平、さすがトラック王国オランダ(笑)

塗装が良いのだろうかな?かなり分厚い。これって塗装を流行りのマットにしていたら800g切るのかもしれない。2011年当時と言えば、スコットアディクトやBH G5、クオータKOMなんかが軽量山岳決戦バイクと言われていたような気がするが、あの時カタログ見てピンと来てたのだ。ちょうどミヤタからジオライドJAPANに変更になった年でシマノレーシングが勝利を量産したにもかかわらずあまり目立たなかった伝説のバイクかも。


fantasista_2015-01-25-02-54-13.jpg

レーシングホワイトとメタリックブルーにすごく繊細なピンラインがブルーとレッドで入っていたり、トップチューブがピアノみたいにツルピカだったり、カーボン地を生かしてギリシア神話の伝説の生物キマイラが描かれていたりするSkil SHIMANO Team カラー、こんな面白いカラーリングのロードフレームなかなかない。1Kカーボンが、なんとフレームセット299000円を1割引だった。1Kはあまり売れていないから家宝としておかねば。



次回、ヘッドの組み付け、重量測定、フレームの剛性テストなど。


リンク貼ってOK牧場
自転車ブログ ロードバイク
自転車ブログ 親子サイクリスト
にほんブログ村



にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村



0 Comments

Add your comment