FC2ブログ

ビワイチ名物ピザ屋ファンタジスタの「今を翔ける」日記

色々なスポーツサイクルに乗ったりピザ焼いたり。

[ロード]10kmヒルクライム練

 朝4時起床で。58kg240W4.1倍をやる日にしました。アップはL1, L2程度で軽めに走っていく。右膝に違和感、途中町までは3min250W程度上げてみたが調子良さげ。最近パワートレーニング時には1日の総走行距離のデータ取るのやめてます。パワートレニング時のデータでは1日の距離何キロや累積標高何メーターは特に重要な数値ではないから。ということで、今日のコアな部分は10キロくらいだったという意味です。アップや下山区間も入れた距離なら55〜60kmくらい。こういう書き方(データの取り方)をすると無駄な部分がなくなり自分にとってはすっきりしました。









スタート地点へ。おばあちゃんと朝の会話




これから。まだ目が生きています。




まずはさかじりばしまでのハーフをL4で。




1本目。今日は240Wで何本も登ります。




ハーフ2本目前に顔フィッティング。ブリッツェン増田選手クライムでいくことにしましたw




3本目はフルコース行きました。名付けてジグザグ練

こんな激坂はランチ強い。6800ワイヤードアルテグラにレーゼロで装備込み7kgちょっとです。




ゴール地点、谷底に見えますが最大勾配部ではありません。

やっと勾配が緩んでこれです。




完全に魂が抜けてしまいました。

前半はドSで行けますが後半はドMじゃないとムリです。

前が畑というよりMが畑



神泉水のところで休んでいると今日は登られている方が3名

「キッツー!」「ここはアカン!」と言いながらも楽しそう。変態強者でしょう。




最大勾配部をつずら折れから見下ろしています。

リクにヒルクライムを教えるのに何度もここへ連れてきていました。

20%オーバーでマネージメントを学ばせる。あんなに早くなったのはこの坂のおかげです。

正直、この区間は押しでもあまりタイム変わらないかも。





最大勾配部を上から。20%を越えると思います。ボトル落とさないで。

リクは最初こわくて歩いてしか降りられなかった。

去年の大雨で崖崩れしていましたが再舗装されました。

再舗装部分はこの下のつづら折れから上まででかなりクライマーフレンドリーになりました。





魂が舞い戻ってきて復活しました。




タイムも一応、4倍強で登ってこんなもんです。GPSが何故か誤作動して距離がおかしいです。


下りだけはお気を付けてどうぞ。




前が畑峠について

前半:

 3.4km平均勾配3.4%、前半がド平坦でドンドン勾配がキツくなり終盤は10%オーバーとなるので平均勾配を見て甘く見ると後半タレてしまう。足を溜ながら走る。

後半:

 1.8km平均勾配12.7%、休む箇所は3、4カ所あるがそれ以外は全て激坂、10%が目の錯覚で平坦に見えてしまうほど。ダンシングでは出来るだけインナーローを使わないで稼ぐ。






前が畑前半1:


09:20 / Ca.76 / 241W / NP243W / Max331W / IF1.105

screenshot_03_2014072622032225b.jpg

最初の平坦で足を回しすぎた。勾配が上がり始めると回転を落として合わせたがトルクに慣れるのに時間がかかった。勾配変化に対応できていない。ギアチェンジが難しい。無駄にパワーを入れていて推進力に繋がっていない。





前が畑前半2:

09:00 / Ca.67 / 246W / NP249W /Max337W / IF1.134

screenshot_02 2

入りから重めで行く。心臓が上がらなかったのでうまくいった。傾斜が上がってから速度をのせられた。大腿四頭筋が張ってきたのでダンシングで散らしながら走った。ギアチェンジと立ち座りを工夫して走るとパワーがまとまり出しずっと早くなった。ギアチェンジがまだまだ下手くそ。





前が畑峠:20min247W 4.2倍程度

20:07.0 / Ca.61/ 247W / NP249W / Max344W / IF1.13 / 30.6℃

前半:08:54.5 / Ca.71 / 248W / NP250W / Max324W
後半:11:12.5 / Ca.53 / 245W / NP247W / Max344W




screenshot_01_2014072621402690d.jpg


3本目にフルコースを登った。前半を押さえてうまくまとめるとムリせずにベストタイムが出た。後半うまくいけば18分台、普通に登っても19分台前半が出る感じだったが、今日はTTの日ではなく240W20分の日。マイペースで登ったが後半をマネージメントできず、また気温が高く油温が上がりすぎオーバーヒートでパワーダウン、制御系も怪しくなった。


前が畑覚え書き:

この峠は前半の3.4kmで116m上昇、後半の1.8kmで209mも上昇し1本登っただけで約300C消費する。傾斜がキツく加速減速が激しいと共に傾斜変化も大きいのでグラフではパワー変動が大きい。ギアチェンジの時と立ち座りの時にパワーマネージメントすればもっと車速を維持できるだろう。ギアはクロスギア一択。テクニカルなコースで攻略が難しいと共にある程度テクニックで走ることもできると思う。変速の練習には良い。セミオートマほしい。Di2クライマースイッチ効くだろう。




途中峠京都側リボルバー:3min278W

最後に途中峠をリボルバーしながら帰ってきた。

0:08 / 395W
0:18 / 234W
0:13 / 369W
0:13 / 131W
0:16 / 344W
0:16 / 179W
0:17 / 332W
0:19 / 197W
0:16 / 313W
0:18 / 184W
0:35 / 359W
3:09 / 278W


L4走のヒルクライム練習だったがIFがパーシュート並の数値、また、出力数値的にはL5Vo2Maxに入っているのに心肺が楽なのでFTPが上がっていると思う。ただこういう複雑なコースはFTP絶対ではなく乗り手の作業と能力をもっと細分化して走らないといけないと思います。おそらく調子が良い、というのは狙ったところにデータが綺麗に揃っている。エンジンチューニング中。


------------------------------------------------------------------------------------
IFとトレーニングレベルの関係

Level 1:   <0.75 回復走
Level 2:   0.75-0.85 耐久走
Level 3:   0.85-0.95 テンポ走 (約2時間半以内のロード)
Level 4:   0.95-1.05 乳酸閾値 (約2時間半以内のロードレース、クリテリウムなど)
Level 5以上: 1.05-1.15     (約2時間半以内のTT)
       >1.15       (プロローグのTT、トラックパーシュートなど)

            以上、パワートレーニングバイブルを参考に解釈
------------------------------------------------------------------------------------




洗車して ↑ねこクレーン、うぃ〜ん



寝る!




自転車ブログ ロードバイク
自転車ブログ 親子サイクリスト
にほんブログ村



にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村



0 Comments

Add your comment