FC2ブログ

ビワイチ名物ピザ屋ファンタジスタの「今を翔ける」日記

色々なスポーツサイクルに乗ったりピザ焼いたり。

朽木1000kmまとめ3ー補給編

 70kmのみスローペースで走るのなら補給は適当でもなんとかなるが、長くなると小まめに取らないといけないということが改めて分かった。なんというかへたってしまい体が嫌がり出すのだ。グリコーゲンローディングできる量は決まっているので摂取しないと枯渇する。「もう1周、もう1周」と行けたのは走行中しっかり摂取しながらも、帰還してすぐにサプリやプロテインを入れていたからと思う。

食べることの大事さ
 
 初心者はまずは走りながら飲んだり食べたりできるようになることが必要だ。自転車レースは面白い。唯一飯食いながら競争する競技なのだから。足が強いことも大事だが消化器系が強いことはもっと大事だ。腸の内視鏡検査を放棄してでも1000kmやり抜いた人間が偉そうに言うことではないとは思う。グランフォンドに出てみてエイドステーションを体験することは栄養学の勉強になった。


fantasista_2014-06-12-00-33-52_400.jpg

サプリは何種類かテストしたがメジャーなところではグリコが良い。バーナー、オキシは練習前、アミノは練習後


エネルギーサイクルを作る。

 大雑把に言うと、出発前に固形物とエネルギーをジェルで入れ、途中20kmごとに1回エネルギージェルを入れ、終盤はクエン酸/BCAAを摂取する感じ。後半の回復系は効果あり。鈴鹿8時間ソロの時にも後半回復系はBetterだった。

 ボトルは1本がエネルギー、1本が回復系。スポーツドリンクは水分は吸収できてもすぐお腹減るのでダメ。短いクリテの時にはエネルギーを入れても仕方ないので酸っぱくて美味しい回復系を積むことが多い。

 意外にも大福餅がお気に入りになった。お餅が腹持ちするしあんこが甘くて嬉しい。どら焼きはパサパサするので食べるのが面倒になってくる。羊羹は甘いだけに思えて飽きるし握ると発射された。1周帰ってきたら牛乳プロテイン、練習後30分以内のゴールデンタイムにプロテインは効果あり。


ダイエットについて

 1000km完走でダイエットできたということはなかった。食べ続けていたので同じ体重。それが正しい。自転車ダイエットが評判で初心者には効果絶大だが自分のレベルになるとそう簡単に即時的には減らないし減らしてはダメ。むしろムリに減らそうと走ると脱水になるだけなので逆効果。だが面白いことに1週間後には2kgほど減っていた。代謝が上がった状態が続くからだ。体というのは辛くなる前に「つらいです」と言うし、やり過ぎると勝手に脂肪を蓄えようとする。要は自分の体は他人なので騙さないといけない。

太れるという才能

 太れるということは才能だ。食べて蓄えられるというのは消化器系が強い証拠だからだ。運動不足で自転車を始めた人がダイエット効果を実感してスピードを上げて走っているのをよく見る。こんな巷のハリーポッチャリ♪さんはとんでもないロードレーサーになる可能性を秘めている。「食べて太れる」「筋肉量が多い」という利点を活かしてトレーニングすれば優れたロードレーサー、パワークライマーになるだろう。若いとき50数キロしか体重がなく、監督に「体力がない」「体を大きくしろ」と言われていた、所謂「器が小さい」自分にはうらやましい。

 自転車競技にも色々あるがジョギングやマラソンとは体が違う。自分の脚質や体型を自転車のセッティングで補うことも出来る。同じヒルクライムを走るにも「回転系」で走ることもできるし「トルク系」で走ることも出来る。要は想像力が使えそうだ。パワーウェイトレシオを意識して軽量化中心の生活をすると破綻しやすい。自律神経を失調し病気になりやすくなる。そういう失敗をしたことがある。結局パワーも落ちてしまう。パワーを上げる、そして維持するトレーニングと体作りの方が長くかかるがより健康的だ。

 最近「ガッツリ食べて走る」のが良いと思っている。ただし濃い油は体が受け付けない。料理油は全て良いオリーブオイルにしている。「ガッツリ食べる」といっても「食べなきゃダメだから少しでも美味しいものを」と思って料理をしている。なんというか、食べるのが面倒くさくてちゃんとしたものを食べないでポテトチップで寝るとかいうことをしてしまう性質なので食に楽しさを持ち込みたいのだ。体が「食べてください」と低血糖サインを送ってきても「寝てください」と変換してしまう。高血糖の単なるデブのように少し血糖値が下がっただけで「食べたい」と脳汁プッシューなグリーディになることはないのだがこれも困ったものだ。結局、いきなり無茶する人は消えていく。ライフスタイルとして長く楽しむのが良いと思っている。

ジュニアのトレーニング
 「成長期で筋肉が大きくなる内は目の前の速さよりも体を大きくすること。ムリな減量などはいけない。」と教えている。


自転車ブログ ロードバイク
自転車ブログ 親子サイクリスト
にほんブログ村



にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村



0 Comments

Add your comment