FC2ブログ

ビワイチ名物ピザ屋ファンタジスタの「今を翔ける」日記

色々なスポーツサイクルに乗ったりピザ焼いたり。

[シューズ] U2オーダーメイドインソール

 大阪府守口市(株)U2はインソール専業メーカーで10年以上の歴史があり、競輪選手やプロ野球選手などトップ中のトップの選手がオーダーメイドでインソールを作ってもらっている。今回ご紹介していただき制作していただけることになった。

 まずは感想から言うと目から鱗だった。想像していたのは(というか望んでいたのは)「マスプロ品の曖昧性を手作業で埋めて個人にフィットさせるようなもの」だった。今まで持っていたオーダーメイドインソールや熱成型インソールのイメージはそんなものだった。いくつも試しているが素材が何であれどれもその枠からは出ない。

 しかしU2オーダーメイドインソールは全く違うということが話を聞くにつれて明らかになった。自分はインソールの役割は「足裏に合わせて凹凸をつけて隙間を埋める座布団」という風に誤解していた。なんて馬鹿だったんだ。サドルだって尻に合わせて凹むクッションではないって分かっているのに。まずその点で「ガツン」と一発テンプルにキックが入ったようなものだった。設計思想そのものが他に類を見ないものであるのでまずはこちらが理解することから始めなければならなかった。なのでお話を聞くだけでも勉強になった。「こうすれば良かったのか。何故今まで気がつかなかったのだろう」とさえ思った。イメージに火が付くと自分が求めていたものがはっきりとしてきて第1号を作っていただく準備をしていただいた。

 HPにあるように感圧センサーで足裏のマッピングを取るがそれを見て一つのことに気がついた。足の形を取るものだと思っていたが、同時に自分がどこに重心を置いて、ペダリング時にどのように力がかかっていくのかが一目瞭然だった。これだけでも非常に価値のあるコンサルティングだった。負荷や応力を考慮して各パーツを一つ一つ選ばせて頂く。足裏が当たる部分はヒルクライムのような高負荷の連続で滑らないよう、つまりは滑りで失う力をペダリングに使えるよう特注の牛革製とした。足裏がしっかり密着すればストラップも今のように無駄に締め上げなくても済むかもしれない


色々な点を考慮してまずはできあがってくるインソールをイメージして帰り道である点でペダリングを変えてみた。これはシューズのフィッティングに関わる重要事項をアドバイスしていただいた中では最も大きなパラダイムシフトだった。当然書くことはできない。「書かないでください」と言われたのではなく自らの足を前に訊いてみて欲しい。

 148kmほど走り近くまで帰ってきて、最後の坂でダンシングで限界まであげてキープした。それも今まで絶対にやらなかったことを。「ここでインソールのサポートが入るのだ」というところはスカスカするのは仕方がない。しかし帰ってダウンロードしてデータを見て驚いた。52秒458W/7.8W/kg。これは自分のような貧脚にしてはこれまであり得ないような数字。

 ここからまだインソールが入ります。しかも、U2のオーダーメイドインソールは作って終わりではなく、そこが始まりなのだ。カートの時にエンジニアと話し合ってエンジンの仕様を変えていったように、手直ししたり、進化バージョンを作ってもらったりできるのだ。

 現役のトッププロ選手のインソールに実際触れさせてもらい、手にとって、また足に敷いて試させていただいたりしたが凄いものだった。「競輪選手はこんなふうにする」とか「野球選手でもピッチャーはこうする人が居る」とか天才の世界を見せてもらった。詳細について知りたい方は直接訊いてほしい。

インソールは駆動系だ。


アマチュアも作ってくださるそうなので気になる方は是非お勧めです。オレがこんなに押すこと滅多にない。


U2株式会社
自転車ブログ ロードバイク
自転車ブログ 親子サイクリスト
にほんブログ村



にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村



0 Comments

Add your comment