FC2ブログ

ビワイチ名物ピザ屋ファンタジスタの「今を翔ける」日記

色々なスポーツサイクルに乗ったりピザ焼いたり。

[レース] 美山ロードレース

日曜日の走行:110km

C2S DNF

試走:
 1周走ったが今日はあまり出力が望めない日と分かった。最大出力が渋いと共に爆発力ゼロ。どうするか。

レース:
 1周目は無難に集団後方で温存して九鬼ヶ坂へ。登りに取りかかる前にラップボタンを押す。今日ここへ来た理由。登りの出力持続力をレースで上げる。あまり掛からずついて行けるペース。最後の二つで上げてやや前方へ。MAX612Wでまずまず。頂上でドリンクを飲んで下る。下りMAX72.6km/h、下りて平坦で集団の好位置へ。ここで考える。そのまま中段待機。特に心拍が上がると言うこともなし。でも足が重いのはケイデンスが先週の鈴鹿よりMAX20も低いことで分かる。「踏まされたらチンでしまいます。。。」トンネル手前で左の人に怒られる。「ミギいるから!」って、あなたの右にいるのは私です。。見えてますから。息を整えて特別低い声で返す。「あ、すみません。どうぞ。」「あ、いや、左の間違いですっ!」みたいなやりとり、良い人で良かった。

 去年のレースがもう落車祭りで滅茶苦茶だったので良く前を見ていたが今年は皆さん綺麗に走っておられた。2回目の九鬼ヶ坂、とっかかりで前がダンシングでギアをかけ始めスピードがグンと上がった。見た瞬間、「あ、これはダメだ。」と思った。先々週この登りを8回やって今の自分が頂上まで最短時間で走るためには、登り口から絶対かけてはいけないことが分かっている。レースだから付いていかないといけないのだけれども数字は残酷。プラン1=ダンシングで出力を上げてとりあえずグダグダになるまで付いていく。2=前半自分の出力で登って後半上げて集団に残る。2に決めた。当然ダラダラ落ちていくが焦らないでキープした。ラスト3つめからダンシングでスピードアップ。登れない。切れかけ。切れそう。これは切れるかも。集団は目の前に見えているのに踏めない。道ばたからありがたい声が飛ぶ。「まだいけるから!」集団はドロリとゆっくり下りに入る。「縦長になって追いつくだろう」と頂上からがんばったが、ギリギリで登った方々が下りを踏めないのでコーナーで詰まってしまった。MAX70.2km/h 平坦におりてしまい、差はジワジワから、足を失うとあっという間に広がってしまった。今日は自分の足で登りについていけなかったのがくやしい。追えないのだから悪いのは全て自分。言い訳はない。

 そのまま3周目に入り集団を見送ってしまった。周りの人に聞いた。「いけますか?」高校生も吸収して3周目をまわったが九鬼ヶ坂の下の関門で残り時間を見て次の関門までだと悟る。3周目の九鬼ヶ坂は周りが辛そうなので自分が引いた。でも、最後だから悔いを残さないように渾身の引きでがんばったつもりが出力はMAX400W、完全に終わっていた。頂上でよそのチームの方々も応援してくださったが非常に恥ずかしかった。

fantasista_2014-05-25-10-15-28.jpg


 いろんな良いところもあった。九鬼ヶ坂以外が良くトンネルから九鬼ヶ坂までは息が上がらなかった。しかし、一番大事な「急な登りで高ワット維持」という、これまで得意だったはずが、全然登れなくなっている。体が重い。



fantasista_2014-05-25-10-31-50.jpg

 高校生とローテーションしておもしろかった。4周目はトンネル手前から先頭を引いたが出たところでジ・エンド。メイン集団から切れると一気にタイムを失い全く通用してません。ベストは尽くせた。良いレースをしたとも思う。今日のレースはうまくいかなかった。それもまたレース。


 レース後高校生達と話す。「インターハイ、また来年がんばります!」と皆清々しい。夢はまだ始まったばかりだからがんばってほしい。某高校の監督さんにご挨拶、「(リクよりも)こっちの方が強そうやな。」ああ、この人の目も節穴か。。(笑)


fantasista_2014-05-25-12-39-02 (1)


 C1を観戦。序盤からの逃げ。走った後だけに凄いなと思う。そして、最後は一気にスピードが上がる。まだそこから上がるのか。。。


 C1観戦後は、DNFの罰ゲーム。安全装備を付けて自走で滋賀県の蓬莱まで75kmほどのサイクリング。京北町を抜けて、裏花脊から百井峠を登って前が畑峠を降り途中峠へ。裏花脊はもう180Wが精一杯。百井に至ってはギリギリ登れた感じ。


 到着するとくじ引きをしてから帰ってきたサポートカーとほぼ同着だった。鈴鹿、美山と続いて真っ黒焦げになったちほの助に柔軟とマッサージをしてもらう。「大丈夫やで。どっこも傷んでない。」ありがとうのメテオスピード洗車。今年はどっこもぶっ壊されなかったのがすごい。快挙と褒められる。つっきーに「楽しかったか?」と訊くと「うん」と言った。「くやしかったか?」と訊くと「うん」と言った。「じゃあ、どっちが強い?」と訊くと「くやしい方が強い」と言った。「オレもそうやで。」と言った。

九鬼ヶ坂ってアウターなんだ。。

ロードバイクブログランキング




自転車ブログ ロードバイク
自転車ブログ 親子サイクリスト
にほんブログ村



にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村



0 Comments

Add your comment