FC2ブログ

ビワイチ名物ピザ屋ファンタジスタの「今を翔ける」日記

色々なスポーツサイクルに乗ったりピザ焼いたり。

[ロード] 夫婦練

火曜日の走行:20km / NP125W / IF0.57 / TSS51 / 250kj


 最近フィットネスのクラスが午前にない日には二人で練習している。といってもよそのご夫婦のように仲むつまじく一緒に走ったりということはない。最近走りに集中する人なので目的地までお互いにやりたいことをしながら勝手に行くというのがおきまりのパターン。


まずは自分の方:

 今日は思い切ってエアーを5Bar(GP4000クリンチャー)に落として走った。アップ程度なら快適に走れる。目的地の神社の砂地が走りやすく木の根っこや15センチくらいの段差で遊んだ。2Barくらいならもっと面白そう。こういうことで気づくことが多く楽しい。しかし、帰りにスプリントと登りのもがきをしたけれどもスピードが伸びなかった。足下がブヨブヨしてフレームのしなりをうまくコントロールできなかった。体調は良い。週末に美山なのでまたグリコーゲン貯蔵庫になります。


平坦スプリント:
 00:22 / Max45.5km/h / NP356W / Max623W ・・・貧脚過ぎる。。

登りスプリント:
 00:28.6 / Max37.9km/h / NP335W / Max460W ・・・まずまず・・か。

 なんなんだろう。なぜド平坦で45km/hしか出ず、登りで38km/hもでるのか。登りだとリアタイヤにしっかり荷重がかかりエアが低いのも相殺されたのか、はて。自転車の科学に書いてないかな。以上、ほざきでした。



ちほの助:

 先週少し気になっていたのでフィッティングをし直し、骨盤角を変えた。ペダル入力開始点を少し前へ。初心者なので前傾より体を起こして楽な体勢にしてケイデンスを上げる方向で。基本ポジションは初心者がブラケットでも下でも両方取れるボディークリアランスで。


 乗り出してすぐにダンシングでの右骨盤の下がりが気になりC3パイセンのほざきと指導が入る。意識すると治った。




平坦の傾斜変化:
 下ハンドルを持ったままそのままのギアで腰を浮かす。バイクのセンターとペダルへの荷重を意識して骨で踏み踏みする。

風音がうるさいので走行音を聞きたい方以外ミュートでお願いします。





ダラダラ傾斜シッティング:
 ギア選択を予測してシッティングのまま。パワーの持続性とバイクコントロールが甘いのでフラフラでペダリング崩壊寸前。あ、でも勝った(笑






登坂練習

DSC_0432_400.jpg

「ルルレモンにちほさんと似ている人がいる」と言われたので、今日は最強レーサーのエヴェリン=スティーブンス選手で行きます。経歴が凄く頭脳派プレイヤーのこの選手の走りと姿勢は以前から注目研究。


教材動画






傾斜変化のあるダンシング:
 自重とバイクの軸を意識して重めのギアでジワジワと登り傾斜が緩んだらスパート。道ばたでエヴェリン=スティーブンス選手の登りを見せてイメージさせる。背中にボトルを入れておかしな挙動をするようなら左右バランスが悪いこと。3回目にして少し形になる。






7%一定の傾斜でのダンシング:
 「家の前が登れれば乗鞍も(三本滝まで)登れるよ」と。この坂は練習にちょうど良い。裏側、背中側、体幹を使って瞬間スピードより自分の気持ち良く持続できるリズムで。







fantasista_2014-05-18-16-30-09 (1)


練習も鈴鹿サポートもおつかれでした。

ロードバイクブログランキング



自転車ブログ ロードバイク
自転車ブログ 親子サイクリスト
にほんブログ村



にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村



0 Comments

Add your comment