FC2ブログ

ビワイチ名物ピザ屋ファンタジスタの「今を翔ける」日記

色々なスポーツサイクルに乗ったりピザ焼いたり。

[ロード] 途中峠ー江文峠

月曜日の走行:46km / NP166W / IF0.775 / TSS136.6 / 796kj


 午後遅くから練習へ。日焼けが痛いのでUVアームウォーマー着。メテオスピードを洗車しなくちゃいけないのにネコを洗車して出発。時間がないので優先順位はネコ

 鈴鹿後あまり疲れておらず普通にパワーが出た。240kmではなく120kmだからというのもあるが、その原因が何かとGarminコネクトで探ってみるとそれはおそらくケイデンス。平均ケイデンスが高く終盤までラップ毎のMAXケイデンスが140くらいまで出ている。シケインの立ち上がりからはダンシングせず回転系で速度を乗せるようにして走ったのと、下りで回して乳酸が溜まらなかったから・・・と思う。

和迩ー途中峠
7.5km / 21:35 / 20.9km/h / NP210W / MAX441W

 平坦アップ後、登り基調の7.5kmを230Wベースでジワジワ登り平坦は巡航からインターバル数回。登りはリボルバーから下ハンドルもがき→ブラケットもがき。途中峠へはヒルクライム的に。大転子を動かす腰のリズムでシッティング。最後はもがいて終了


江文峠大原側
1.9km / 5:59 / 18.9km/h / NP222W / MAX331W

 傾斜を読んでギアをこまめに選んで登ってみる。回転系の走りで自分にしては出力が出た。もがかずにシッティングで頂上へ。


江文峠静市側
1.4km / 5:15 / 16.1km/h / NP239W / MAX434W

 傾斜がきついので踏みながらも抜き場所を探りながら。傾斜が出るとどうも左の調子が良くない。最後は下ハンドルでもがいて終了

三千院ー途中峠
5.8km / 13:28 / 23.1km/h / NP201W / MAX390W

 前半は路面が悪くアップダウンがあるので出力を低く抑えながらも速度維持する走りを。回転させるのではなく直線的に踏んでみてパワーを入れるポイントと抜く箇所、入れ方抜き方を工夫してみた。途中峠は電信棒リボルバー。電信棒一本毎にもがきーレスト、もがきーレスト。最後はブラケットロングダンシングから下ハンドルもがきで終了




 バイクは昨日鈴鹿で走った状態から少しエアーを下げて7Barちょい。昨日はサーキットだったのでレーゼロ+中古ローラー用GP4000... orz を7.8Barと体重からは少し高めで走ったが好調で、自分のラップタイム程度の次元では下りで周りのカーボンディープと比較して差を感じなかった。書き忘れましたが昨日のギアは52−36:12-25でした。


 昨日のポジションはブラケットを持ったのはスタート後とスプーンの登りとシケインくらい。3時間弱ほとんど下ハンドル、レバーの遊びを調整して人差し指は常に両方軽くブレーキレバーに、親指は常にサテライトスプリンタースイッチへ。クライマースイッチは使用せず。メテオスピードの仕上がりが良く加速力があった。ヘアピンの立ち上がりからの下りでスプリンタースイッチを押しながらのもがきで50km/h域までの到達が早い。マックスパワーはこの場所で毎周回出ているが序盤のふるい落としが始まると800W近く出ているのは驚き、レースでは普段出ないパワーが出る。その原因を体に聞いてみた。今日少し二の腕の裏=上腕三頭筋が張っているのでこれを使ってパワーを練り出していた模様、ということはポジションは何となく決まっているのだろう・・・かっ。


 20分NP250Wが出来ない。しかし30分NP200Wは出来る。60分NP200Wも出来る。3時間NP200Wも出来る。しかし300Wくらいの(自分にとって)大きなパワーはわずか数分も持続して出せない。だから鈴鹿ではストレートが辛い。軽自動車は高速道路を走ってはいけません。そういう脚質(年齢)ということを嫌と言うほど思い知らされる。貧脚は治らないので走り方と機材の「組み合わせ」でなんとかします。(ここで間違っちゃいけないのは良い感じのディープを履いたからといって、ストレートが速くは・・・少しなりますが、280W維持で一杯一杯なものが290Wになることは決してありません。)走り方は長いレースではやはり低燃費走法、鈴鹿だと1周きっちり90kjくらいなので遅い分、より遅くならないように走ればそこそこ走れるとみたいです。偏差値50走法と言いますか。納豆走法と言いますか、送りバント走法と言いますか、振り向けばたっきーと言いますか。格好良くはない。。

ああ、ブラケットが塩っぽい・・・メテオスピード洗車。

ロードバイクブログランキング


自転車ブログ ロードバイク
自転車ブログ 親子サイクリスト
にほんブログ村



にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村



0 Comments

Add your comment