FC2ブログ

ビワイチ名物ピザ屋ファンタジスタの「今を翔ける」日記

色々なスポーツサイクルに乗ったりピザ焼いたり。

手組ホイール

 手組ホイールをブログでインプレして欲しいと置いていかれました。まず最初に断っておかないといけませんが、元プロのインプレライダーでもなんでもないのでこれから勝手なことをほざきます。

 そもそも中学〜高校くらいの時(1980年代)には手組が普通でしたので、おっちゃんが手組にセメントでタイヤを貼ってくれたのに乗っていました。「まだ乾いてないから一晩おいときや」と言われたもんです。(小っ恥ずかしいので周りにはあまり言いませんが実はそんな経験がややある。)トークリップを付けてもらって喜んでいた。


結果から先に言うとこの上なくやっつけられました。

誤解を避けるために言わねばならないのは、ホイール自体は良い仕事だと思われますが、持ち主との体重差がありすぎました。


fantasista_2014-05-02-16-55-04.jpg

見た瞬間に察しました。「これは洗えということなんだな」洗いました。


fantasista_2014-05-02-16-57-15.jpg
fantasista_2014-05-02-16-58-29.jpg

手組お詳しい方はもうこの2枚の写真だけでお分かりになると思いますので説明は省きます。


パリルーベに出るみたいなホイールですね。アスタナが使っています。


北の地獄ルーベを走ったプロバイク ランプレ、トレック、オリカ、BMC、アスタナ、ワンティ編


というコンセプトなのでしょう、というのも、上の人は、実体重を記すと持ち主の個人情報に触れることになりますので言えませんが、例えるなら自分がうちの小6の子をおんぶしたより重い程度。ドライブ側のスポークをニギってみて・・・・色々注文出してそれに答えて組んでくれたんだろう。正直なところ結果は見え見えだと思いましたが、ちょっと楽しみだったのでメテオスピードに装着して走ることにした。



fantasista_2014-05-09-18-29-45.jpg


 こんな感じで、持つとバイクがすごく軽かったのでやや期待に胸が膨らむ。玄関までグラベルを50メーターほどのらりくらりと走ってでる。手組リムらしい感触が良い感じ。パリルーべ満喫。タイヤがTUFOなのでゴムゴムしい。アスファルトに出て踏んでみた。重い。「ああ、やっぱりか。。」軽いはずなのに全然進まない。(進ませられない)加速してみた。重い。自分にはテンションが高すぎてパツンパツンな感じ。加速が重いので当然登りも全然登らない。(登れない)ダンシングではなんとか登らせられ、登っている格好もつくものの出力が高すぎてもたないし、メテオらしいいつもの動きまで行けないもどかしさ。240Wくらいで登る自分にはリアの3クロスのテンションが高すぎて扱えない。体重が設定よりも軽すぎてフロントもダンシングでつっぱってしまう。シッティングもがんばってみたが筋肉にくるよりも膝関節に来たので怖くなってやめた。平坦では巡航を維持できなかった。こんなこと久しぶりでショック。


 普段乗っているのがカルトベアリング、タクリーノセラミック、DT180など良いハブ使った完組、ホビーサイクリストの誰が乗ってもそこそこ以上に走れてしまうホイールに慣れすぎているのだ。だからといってそのセグメントとの比較はしていない。キシリウムエキップ、ゾンダや、その下のアクシウム、カムシンと比べても、走らない、登らない、下れないだった。軽自動車級が乗る場合スポークテンションを下げればまた違うだろうが、ホイールの性能うんぬんよりも自分には乗れないプロ仕様。体重はあるが出力も高い人が乗ると非常に良いのかもしれません。自分には実力が足りません。完全にやっつけられました。正直な感想です。

自分を再認識させられた次第です。

追記:
 知り合いの競輪選手に「これどうですか?」って手渡したら、ニギニギして、「うん、これくらいなら普通かむしろ柔らかいくらいやね〜。」って言いました。


ロードバイクブログランキング

自転車ブログ ロードバイク
自転車ブログ 親子サイクリスト
にほんブログ村



にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村



0 Comments

Add your comment