FC2ブログ

ビワイチ名物ピザ屋ファンタジスタの「今を翔ける」日記

色々なスポーツサイクルに乗ったりピザ焼いたり。

[ロード]京都へサイクリング

金曜日の走行:70km / NP141W / 176TSS / 1234kj

途中越で京都へ。

リボルバーの次の日はパワーが出やすい。 



マウスのポクポクいう音と電磁波の効果が知りたい方以外は安定のミュートでお願いします。




HeLLo !

I m Apple color classic 2.



何が言いたかったかと言うと、「道具なんか変わっても人間は変わらない。」


fantasista_2014-04-18-23-06-47.jpg


いくら自転車が変わっても、ね、パンターニさん・・ペダルまわそう!



fantasista_2014-04-18-22-32-43 (1)

文字を書くということなら出来ることは変わらない。


さて、ほざきもたいがいにして....



リボルバーの次の日は膝が硬いのでゆっくり県境まで登っていく。

 パワーが出そうな感じがプンプンするが押さえてサイクリング。自分の場合、というか、普通はローラーで出力が出るポジションと実走のポジションは違う。実走ポジションで言うと、上ハンドルはちょうどいいが、登りでブラケットが少し近い方が良い。むむむ、むずかしい。登りシッティングでブラケットを持ったままパワーをゴイゴイ練り出しつづけたい。

 大腿骨と骨盤の大きさの関係か普通のポジションにしても見た目サドルはかなり前に行く。それでもパワーを入れ続けるシッティングでは背中を丸めてブラケットをこねるようとしたら遠い。

 ハンドル、サドル、ペダルの三点を結んだパワーゾーンの感覚があって、中でも、背中側の筋肉、広背筋を使ってシッティング、腹斜筋を絞ってジワジワダンシングしたい。今は問題のただ中、バランスがパワーゾーンから少し前にハズレていて背中側に力が入らない。伊吹山の時は理想からほど遠く前側だけでこいだので疲れた。ポジションが出来ていない、というか、腹膜炎後まともに走れるようになってから感覚を失って焦ってイライラしているのでなんとかしないといけない。


 かかとは落ちてグリグリ逆回転?で乗る系なのでサドルも低い。だからシートポストはちょっと立ち地味が好み。上ハンドルの位置同じでブラケットを近づける・・・とするならば、あれしかないか。「下ハンドルを犠牲にする。」実は・・・自分の参考はずっと前から清水都貴選手だ。GDRに乗るようになったのも、膝を壊して走れないときに、某V○Xの監督さんにお話を聞いたのがきっかけだ。170cmでサイズトップチューブ530ジャストだが、あえてもう2サイズ小さいのに乗りたい。ブラケット位置ポンポン変えたい人なので78デュラの方が扱いやすい。実際78は今でも良いものは良い!


screenshot_01_20140419022117176.jpg

こういうのが理想、ま、早さの次元は違うけど。


fantasista_2014-04-18-22-28-36.jpg

「やまめ乗りとは対局やわ、んな、なに乗り?ネコキック乗り・・・かな。」


てことをつぶやきながら山越えて、京都へ。川端通りを下る。路面のミューが高くて嫌いだ。北大路右折烏丸を下るとそこは鴨沂高校、「ちょっと寄っていくか。」門からは生徒が吐き出されてくる時間、ちょっと前までは電車や飛行機で全国色々な高校へ教えに行ってたっけ。守衛さんに話しかけた。

「自転車競技部はもう出ていきましたか?」

「今日はまだやなー。」

ってことで新学期の浮ついた空気も残る肛門校門の前で待ってみた。出てこないので飽きてショップへ。



10296482_636807539723529_1741113735957300595_o_400.jpg

ドクターにカテーテルで疲労物質を吸い出してもらう。
保険適応外なので4000円以上かかった。


と、そこへヨッシーがやってきた。また、サボリーマンだ。営業ってそんなんでいいのか、ハマサキくん!!
ヘルメットか、「ジャージに合うヘルメットがほしい?」
んなもんで早ならんよ、いちおう。どうせならエアロにしておきなさい。鈴鹿とか走るなら。

と、そこへ「これはええよ」の総合店長がやってきた。店長が気を遣って紹介くださった。
というのも、新制チームファンタジスタはシルベストサイクルのフレンドチームにお誘いいただいた。ステラシルベストに誘われていたりしていたが絶賛放置していたら自分のところに人が集まって来だしてチームになった成り行きだ。ジャージにはシルベストサイクルとは入っていない。というのも、デザイン変えるのがじゃまくさかった時間的に間に合わなかったのと、他のショップの客もいるのでめんどうくさい面子を立てたからだ。

「どうもいつもご活躍見てますよ。」

「早そうやな!」

そこかい!ああ、この人の目もふし穴やわ。。

「息子さんがロード1年で伊吹山50分ちょっとで・・・」

「アイスホッケーやってますので・・・」

「そら早いわ!」

やっぱりそこ。

落合信彦の小説じゃないが、大物にお会いしたときにはバッチリ目を見ないと失礼・・・シルバーメダルを取った人だから。あれ?目合わない、ああ、あれだ、うちのオヤジも良くやるパターンのやつだ。しかし、いい足、オレもまだ早くなるわ。

やっぱり1秒にこだわらないとロードなんか面白くない。


帰りは、シューズのフィット感が上がって、出力も安定し膝への負担が減った。20W増しくらいで登れる。これは大きい。しかし、リクは51分260Wってよく出したな。。ただ、ちょっとクリート位置はいじりたい。

靴下が薄くなってからと思って延期にしていたがこれは伊吹山前にやっとくべきだった。



ロードバイクブログランキング

自転車ブログ ロードバイク
自転車ブログ 親子サイクリスト
にほんブログ村



にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村



0 Comments

Add your comment