FC2ブログ

ビワイチ名物ピザ屋ファンタジスタの「今を翔ける」日記

色々なスポーツサイクルに乗ったりピザ焼いたり。

ポジティブ思考

12月13日:入院10日目、三食流動食(三分粥)点滴終了


毎朝、朝食が終わると東に向いた病棟ラウンジへ琵琶湖を見に行く。今日の湖面は寒そうに鉄色に輝いていた。このラウンジはお年寄りの食事を介護する場所でもある。後ろから、にぎやかな声、「おおきに!」酸素を積んだ車椅子を押されて二等兵の登場である。毎夜、救急車が入ってきたり、看護師がドタバタと走り回っている。お元気で何よりだ。人間には持って生まれた性質と言うものがあるようで、その人がいるだけでその場が「ぱっ」と明るくなる人がいる。ロードバイクでも集団の中でじっと寡黙に押し黙っている人とは対照的に、ペラペラうれしそうにしゃべる人もいる。うちの次男がそうで、勝手にしゃべって、勝手に文句を言って、勝手に笑っている。嘘をついているときの目付きは、これも長男ではないうちの親父と同じである。腹立つ。周りはそれに釣られてしまう。二等兵も次男なのだろうか。「三つ子の魂百まで」

昼、血液検査があった。結果は良好で白血球の数値はまた下がった。超回復。点滴の数も少なくなったので、昼間、針を抜いてもらって自由になっている。昼食前、外来のラウンジで本を読んでいた。すると、肩を「トントン」とたたかれた。振り向くと、小柄なおばあさん、なんでも、珈琲が飲みたいが買い方が分からないという。最近のコーヒー自販機は無駄に機能が多く、無駄に背が高い。おそらく、お目当てのブラックコーヒーまでは背が届かない。マーケティングか何か知らんが、本質の部分だけが芯をはずしている、そんなものは多い。しかし、ブラックコーヒーとはまたハイカラな!「お砂糖は?」「いえ、けっこうです。」60年前に会いたかったなあ。
去年だいたい骨を骨折しこの日赤の二階整形外科病棟に入院したが、今は杖をついて糖尿や心臓のために通院しているという。駅まで歩いて、電車に乗って、バスに乗って。「このほうが健康に良いのよ。」と言われてハッとした。「意思あるところに道あり」

今、45歳か、まだこれから楽しいことがいっぱい待っているだろう。スコフィールドは今日も病院の外周路3周

58.75kg/11.5%

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


自転車ブログ ロードバイク
自転車ブログ 親子サイクリスト
にほんブログ村



にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村



0 Comments

Add your comment