FC2ブログ

ビワイチ名物ピザ屋ファンタジスタの「今を翔ける」日記

色々なスポーツサイクルに乗ったりピザ焼いたり。

アイスホッケー

自転車競技とスケート競技は使う筋肉が似ているとよく聞く。スケート競技の中でも自転車競技と純粋に近いのはやはりスピードスケートだろう。我が家は全員アイスホッケー経験者、そこでアイスホッケーの動きとロードバイクの関係を考えてみた。


fantasista_2013-03-23-22-05-42.jpg

アイスホッケーはとても運動強度が高いゲームスポーツだが基本となるスケーティングが大事


アイスホッケーのスケーティングは突然の動きに対する瞬時の反応が必要

なのでエッジが短く(エッジの前後が丸くカットされているので)=接氷面が少なく小回りが利く。

バランス感覚が難しい。


「考えてみた」だけに終わりそうだが・・・



筋肉・関節について:
腰を落として走るほど大腿四頭筋に効く膝の角度になる。
蹴り出しは下ではなく横なので股関節は柔らかい。
蹴り出しと共に引き寄せスピードを速く=ハムスト
うまい人の腰は安定している。
骨盤、仙骨は立った状態で上体を柔らかく使う。(背骨を反らすと後ろからの当たりで危険)
体をひねるための筋肉をよく使う。

心肺について:
ジュニアは有酸素運動
中高生以降インターバルトレーニングになる。
ゲームは1分前後で選手交代を続ける(ホイッスルがなくても自由)


というあたりを考慮しながら写真を見ると面白い。


fantasista_2013-03-23-21-27-16.jpg
fantasista_2013-03-23-21-32-19 (1)

うちのスター選手、なぜかずっと笑顔でホッケーしている。



fantasista_2013-03-23-21-57-16.jpg
fantasista_2013-03-23-21-57-13.jpg

中二だがスケート靴を履くと180近くでかい。グローブがEASTON


fantasista_2013-03-23-22-08-01_300.jpg

くるぶしから下にVarusがあるのは一目瞭然、そういう選手の走り方はスケーティングで蹴り出し時に膝が内側に入る。ロードバイクならクリート側が固定されるので、膝が上がった時に足先は外側を向き膝も外側に逃げる「ウッドチョッパー」が出やすい骨格。



「ロードのトレーニングにスケーティングは効果的だろう。」ということでメニューを作ってみた。


アップ
*スネーキング3周
2周×3本
レスト
1周×7本
レスト
ストップアンドゴー14本
レスト
ライン間ダッシュ20本
ダウン

*腰を落として膝の角度を90度近くでキープ、エッジを氷から離さずに負荷を上げてゆっくりスケーティング、低回転高負荷でSFRと似た効果あり?


持久系から瞬発系へのダウンワードスパイラル・・・距離は短くなるが強度は上がるという、ガーミン付けてやったらどうなるのだろうか?


あ、言い忘れましたが、リクくん、ロードバイクに本格的に乗り始めてスケーティングが速くなったらしいです!!



昔はスケートリンクって言えば恋の花咲く場所だったのだが今はどうなんだろう。


スケート楽しいよ♪


筋力、バランス感覚を磨けてスピード感も満喫できるので、ロードバイクのトレーニングにホッケー靴一つどうですか?


にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ
にほんブログ村

自転車ブログ ロードバイク
自転車ブログ 親子サイクリスト
にほんブログ村



にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村



0 Comments

Add your comment