FC2ブログ

ビワイチ名物ピザ屋ファンタジスタの「今を翔ける」日記

色々なスポーツサイクルに乗ったりピザ焼いたり。

3月FTP測定

FTP(Functional Threshold Power)を測定した。ただ、ヴァーチャルなのであくまでも自分比較のための記録ということで。


fantasista_2013-03-11-18-53-36.jpg

使用機材 Minoura LR 760 / Live Training

測定方法:

20min. Warm up (65%/Max.bpm)
05min. 1min.Cadence 100×3 (rest 1min.)
05min. Easy Ride (65%/Max.bpm)
05min. All Out
10min. Easy Ride (65%/Max.bpm)
20min. FTP Mesurement (Progressive Power Up)
10min. Easy Ride (65%/Max.bpm)
10min. Recovery & Cool Down

20分の平均出力×0.95がFTP

FTP 261.25watt
体重比 4.35watt/kg

これはちょっといくらなんでも高過ぎなのでマイ係数0.8を適応します。

FTP 209watt

このくらいが現実的なところ。ただし練習ではFTP261をベースに。

 5分オールアウトで気持ち悪くなった。FTP測定はプログレッシオーネで徐々にFTP下と思われるところからパワーを上げて行くべきであるが、20分が長くて320wattから250wattまでタレてしまった。思ったほど心拍が上げられず軽く回らず重くて辛かった。終了後最大心拍ゾーンから1分で落ち着いた。


注意した点:
 無理に出力を練りださないように丁寧に回した。膝や筋肉が痛むようなペダリングでは意味がない。重要なのは少し出力が低くても速度が持続するような「転がるペダリング」パワーポイントがズレないように集中して回してムラなく速度維持できたと思う。これが実走でできたらればたられば。加齢でバランス感覚が衰えたんだと思う。あとタイヤのエアも見直してみよう。


fantasista_2013-03-11-18-53-46.jpg

グラフを真っ直ぐにするのがすごく辛かった。



FTPから算出したゾーン

screenshot_06.jpg

プログレッシオーネで320wattあたりからスゴイ壁があると書いていたがL6に入るということで納得した。

ヒルクライムでの山頂ではだいたい320-340watt(ROX9.1)なのはVO2maxから少し外れてハアハアしているということ。

ヒルクライムで遅い最大の原因はL4で走れないところ。実際にはL2上がせいぜい。理由が不明




疑問に思っていたことが少しわかった。自転車って面白い。自分に向き合わせてもらえる。バラバラになりかける体を集めてのFTP計測


にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ
にほんブログ村

自転車ブログ ロードバイク
自転車ブログ 親子サイクリスト
にほんブログ村



にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村



0 Comments

Add your comment